2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★日本は立憲君主制ではありません★

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 16:36:53 ID:IFTtb/PK0
現代社会の授業で担当の先生が「日本やイギリスは立憲君主制で・・・」と発言されたので挙手をして、
次のことを指摘しました。

 ・天皇は象徴であって「君主」ではない。また、憲法にも法律にも君主という規定はない。
 ・仮に「君主」であったとしても「臣民」が存在しない。日本国民は天皇の臣民ではない。
  臣民のいない君主は君主ではない。
 ・政府関係者の中には君主であるとしても差し支えないとする談話を残した者もいるが、
  個人的見解であって「天皇=君主」とする根拠にはならない。
 ・それでも「天皇=君主」としたいなら、ナンチャッテ君主程度のものとしかいえない。

先生は某Fランク大学の国史学科を卒業された方で、現代社会は専門外で、最後は涙目でこの指摘をきいておられました。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 17:43:32 ID:ioa7mAO90
小学校でそれやって卒業までどころか
同窓会でも目の敵にされた俺が来ましたよ

3 :フォウ・バカサメ:2009/09/22(火) 14:45:53 ID:bzuiS5E20
みつわ会館

4 :フォウ・バカサメ:2009/09/22(火) 14:46:40 ID:bzuiS5E20

  ∩∩
 ∩| || |∩
 | .|| || || |
 |  __|
 | (__.|.  ∧_∧
 ヽ.___.丿\(・∀・ ) ハイ!
       \     )
        | | |   
        (_(__)

5 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/09/22(火) 14:48:21 ID:L3DPgEem0
力技ですねぇw

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 22:56:10 ID:DzxXnYYk0
もっこす先生にきていただいて光栄です。
力技とは何のことですか?

7 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/09/23(水) 00:06:40 ID:z73Rbgeq0
いやね待つんじゃんくて自分で3と4をゲットしてるでしょ?

8 :↑  :2009/09/23(水) 03:34:57 ID:LAaks1sx0
節操なく何処でも出てくるねぇ〜クズ!

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 08:00:29 ID:m/NcplHeO

キュ〜ちゃん

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 20:22:07 ID:TXsSAVyQ0
しかし、>1は、日本は「共和制」だといいたいのか?
まず、それをハッキリ言ってくれないか?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 22:15:54 ID:H9FF7sKM0
 ↑
共和制であると言いたいところですが余計なモンがあるせいで・・・

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 23:31:26 ID:h1TMuq7Y0
日本式立憲君主制でいいじゃん

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 10:32:01 ID:mZ3sx2xW0
天皇は日本にしかないから、立憲天皇制でいいと思う。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 16:26:35 ID:vs6HRh0d0
>>11
すると日本国の国家元首は誰なんだ?
かつて元首であり現在も事実上元首としての仕事をしている人がいるがこの人は何者なんだ?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 22:28:53 ID:dG39oT9O0
>すると日本国の国家元首は誰なんだ?
 ↑
いませんw

>かつて元首であり現在も事実上元首としての仕事をしている人がいるがこの人は何者なんだ?
              ↑
         現在そういう人はいませんw

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 13:12:12 ID:dzKXPHnM0
他国なら元首が行う筈の職務と言うのは当然日本でも誰かが行う必要がある訳で、
日本でもその内容とそれを行う人と言うのは憲法で決まってるのね。
だから「事実上元首としての仕事をしている人」と書いたのだが、それも「いません」か?
憲法に元首と書いてある訳じゃないからその人をそう呼ばないのは自由だが。






17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 20:22:16 ID:7R3sUQc+0
憲法に元首と書いてある訳じゃないからそいつをそう呼ぶのは基地外だが。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 20:23:09 ID:7R3sUQc+0
イケヌマだがw

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 20:42:36 ID:ejg1H9mw0
呼ぶ呼ばないは別として事実上そう言う職務の人がいるんだが。
そしてそれは憲法によって規定されているんだが。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 20:47:18 ID:VnrSL2770
内閣総理大臣他各省の大臣全員が、最終的に誰に許可を得てその役職に就くか知ってんのw

自分たちが「憲法に書いていないから『事実上』なんて認めない」って言っているんだから、「そんなのは形式だけで事実上云々」とか言わないでこたえてね(はぁと)。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 22:12:19 ID:7R3sUQc+0
その「最終的」な「許可」は誰の意思?誰がそいつに命ずるのか「知ってんのw」?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 06:14:43 ID:RhoPK5bs0
>その「最終的」な「許可」は誰の意思?
国会つまり国民の意思だよ。
>誰がそいつに命ずるのか「知ってんのw」?
誰かが命ずるんじゃなくて憲法の規定に従って行うんだよ。

共和制だろうが立憲君主制だろうがどの国でもそうなんだが、
まさかそれを根拠に日本は共和制だの元首は事実上でもいないだのと言ってんの?
共和制でも元首はいるし、立憲君主も自分の意思で動いている訳じゃないんだがな。
そろそろ言葉尻捕まえるんじゃなくてキチっと反論してみろや。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 13:13:14 ID:pZtzfxCU0
国民の象徴としての地位と国家元首としての職務を世襲していくことを憲法で定められた、
明らかに一般国民と異なる存在が、「立憲君主」以外の何なのだ?
これが立憲君主の定義だと言うんじゃなくて、そう言う人物がこの日本に実在しているんだよ。
そう言う体制を「立憲君主制」と説明するのの何が間違いなんだ?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 16:48:57 ID:0l3oBR010
国家元首とは一国を対外的に代表する人なわけだが。そんな人がいるのか?

>・それでも「天皇=君主or元首」としたいなら、ナンチャッテ君主程度のものとしかいえない。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 16:52:43 ID:0l3oBR010
君主とは臣民の上位に立つ人だが、臣民をもつ人がいるのか?

>・それでも「天皇=君主or元首」としたいなら、ナンチャッテ君主程度のものとしかいえない。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 18:11:55 ID:7Pk+6Jbu0
現在のみならず、過去に至るまで時の権力者はは日本という国、あるいは日本の国土に対して「この度私が民に下知することになりました。どうぞよろしく」と挨拶をする。
国体や土地そのものでは実体が無いのでそれを象徴する存在、具現化する存在を創り「よろしい、よろしく頼むよ」と返事をさせる仕組みを作り出した。
そうすれば日本という国自身が自分の事を人の上に立つものと認めた事になるからね。誰も文句をつけられなくなる。
その「国体、国土を具現化したそんざい、象徴する存在」が天皇。
象徴天皇というのは国民の象徴ではなく、日本の国土や国体を象徴するという事。
古の昔から今に至るまで何も変わっちゃいませんが何か?
つまり「一国を対外的に代表する人」なわけですが?

君主というのは臣民の上位に立つものでも臣民をもつものでもないよ。
「きみのあるじ」つまり地方の諸侯や王の上に立つのが「君主」。
英国の女王だって「君臨すれども統治せず」の原則があり、民を統治しているわけではありません。

世界のどこに「英国は立憲君主国じゃない」って主張する馬○がいますか?


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 21:33:51 ID:Z8e7CnfH0
>>24
「一国を対外的に代表する」が具体的に何を指すのか示されていないが、
憲法7条に「8.批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。9.外国の大使及び公使を接受すること。」
とあり、実際にそれが行われているのだが。外国の元首が来た時だれが応対するのか、
日本で行われる五輪の開会宣言をするのが誰なのかを考えても「一国を対外的に代表」していないと言うのはどうか。
またその一点のみをもって他の要素を全て無視して天皇が元首でないとするのは無理があるだろう。

>>25
「臣民」は確かに日本にはいない。が、憲法で「臣民」とされる(例えば)英国民と、「国民」とされる日本人との間に、
その記述の違いに由来する(法律上の細かい差異は除いて)どんな権利・義務の違いが事実上あるのか?
これもまた言葉の定義の問題と言うだけだろう。
これもまたその一点のみをもって他の要素を全て無視して天皇が君主でないとするのは無理があるだろう。

言葉はどうにでも解釈出来る。今まで天皇がどの様に振る舞い、どの様に扱われて来たかが問題だ。
>>23にも答えてくれよ、ところで。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 21:50:32 ID:A+avR9Mt0

「君臨すれども統治せず」はイギリスの話。
「君臨せず統治もせず」が日本。

そう言う体制をなぜ「立憲君主制」と強弁したいんだ?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 22:19:31 ID:Z8e7CnfH0
>>28
>そう言う体制をなぜ「立憲君主制」と強弁したいんだ?

強弁ではなく事実上そう言えるし外国からもそう看做されていると言っている。
他の呼び方があるなら示してくれ。

>「君臨せず統治もせず」
この言葉寡聞にして初めて聞いたが具体的には日本の政体の何処を指しているんだ?
それを示さず「そう言う体制」と言う前提で話を進めるの?
そもそも「君臨」って何?「君臨」していると言う体制と「君臨」していないと言う体制の本質的な違いって何?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 23:24:33 ID:A+avR9Mt0
辞書ひけ。以上。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 23:45:55 ID:Z8e7CnfH0
>>30
具体的には何も考えてなかったのね。絡んでごめんね。

32 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/08(木) 01:19:26 ID:DyrDms9+0
なぜ天皇と天皇家が存続しているかはこの会談で決まった。
戦後体制を理解する基本書だね。

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/60/2/6001930.html

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 07:14:34 ID:QzHk97C50
>>30
オシエテ君の相手ならモッコス先生がいるぞw
辞書を持ってないなら質問してみたら?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 20:31:01 ID:QzHk97C50
ごめん>>31だったw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 21:10:20 ID:hjlJRcJ6O
ヨーロッパの言葉に無理に日本を合わせる必要はないし、そんなのは不健康だな。立憲君主制か共和制かで区分けする時代はもうおしまい。
これからは国家主席と呼んだほうがしっくりくる。・・・来ないか。

36 :オシエテ君:2009/10/08(木) 21:13:27 ID:AND6qlY+0
>>34
いやとっくに気が付いてたけどさw
どうでも良い間違いを半日経ってからわざわざ自己申告してきたり、もっこす氏の背中に隠れながら煽ってみたり、お前何か可愛いなw

「日本の元首は誰か」「日本の政体を何と呼ぶか」は言葉の定義によって色々な意見が存在するし、
そもそもそれを議論することに意味が無いとの説もある事は知っている。
しかし>>1の様な根拠でもってスレタイの様に言い切る事は出来ないと言いたい。

37 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/08(木) 21:19:37 ID:DyrDms9+0
自民党政治終焉の遠因でもあるんだがそこら当たりは大学レベルの話になるんでしてもしかたないが。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 21:50:28 ID:QzHk97C50
>もっこす氏の背中に隠れながら煽ってみたり
   ↑
ごめん。(ほんとは知ってる)オシエテ君の相手はメンドクサかったの。
そしたらもっこす先生がご来場くださったので・・・。

>「日本の元首は誰か」「日本の政体を何と呼ぶか」は言葉の定義によって色々な意見が存在するし、
>そもそもそれを議論することに意味が無いとの説もある事は知っている。
>しかし>>1の様な根拠でもってスレタイの様に言い切る事は出来ないと言いたい。
      ↑
あれ?ずいぶん謙虚だね。君もなかなか可愛いヨw


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:13:30 ID:AND6qlY+0
>>37
高名なもっこす氏にご登場頂いて光栄です。理解出来るかは判りませんが、拝聴出来れば幸いです。

>>38
いや、最初から謙虚だよ俺は。「日本は立憲君主国家です」なんて言い切ってないよ。
「事実上そう言える」「そう呼ばないのは自由」と言ってる。

>>1は「>>1の様な根拠でもってスレタイの様に言い切る事は出来ない」これにまともに反論しろや。
出来ないんならお前が涙目にさせたと言う先生に詫び入れて来いや。
「子供の浅知恵で大人に舐めた口きいて済みませんでした」とな。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:20:10 ID:hjlJRcJ6O
日本は長い間鎖国あるいはそれに近い状態が長く続いて、国家という概念に不慣れだった。
そんな中で天皇を無理に立憲君主にしたのは明治にはいってからで、結局、無理がたたって日本は破綻した。
天皇は発生時はともかく、ずっと神主の親方なんだから、ヨーロッパつまりキリスト教世界で類似するものを探せば法王以外ない。
ヨーロッパつまりキリスト教世界がEUとしてまとまりつつある今、ここはお前ら、立憲君主かどうかというよりも、もちろんそれも大事だが、むしろ法王との類似に着目しろ。
どうだもっこすの「大学レベルの」講義よりはためになっただろ。

41 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/08(木) 22:26:22 ID:DyrDms9+0
>>39
解説してもいいけどあなたたちの教育レベルがどこらあたりかで高校生向けか大学向け大卒向けと違いがあるよ。
あなたは?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:39:44 ID:QzHk97C50
>>39
あれ?またかわいくないこと言ってる。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 22:55:14 ID:AND6qlY+0
>>41
大学レベルでお願いしますよひとつ。

>>40
まあ法王(教皇のことだよね)も国家元首だし、以前は天皇より遥かに政治に関わって来たんだけどな。
日本は近代国家の体裁を急いで整えるために京都から神主の親玉を連れて来た訳だな。
で、欧米におけるキリスト教の代わりに国家神道を作ったと。
しかしそれ以前は神主の親玉が出家する事もあったと言うのが実に日本らしくて良いね。

44 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/08(木) 23:04:32 ID:DyrDms9+0
>>43
大学在学レベルということね。
単元ごとに説明するね。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 06:30:44 ID:5H/hKjay0
日本の行政権の長は天皇
日本の統治権は名目上ではあるが天皇に属しているので「君臨すれども統治せず」でおk


46 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/09(金) 23:38:38 ID:UgR8OkZz0
>>43
自民党政治終焉の遠因と書いたのは自民党が名前を変えながら生き続けて戦前の大政翼賛会だからです。
敗戦で戦争責任者のトップだけが死刑になりました。
その後、自由党、民主党の二大保守党が合同して自由民主党になります。
ところが、この両党とも内部に旧内務省官僚がたくさんいました。
戦争の実務を担当した人たちです。
直接共産党員を殺した人も。
各省庁は戦前から同じ人脈で戦後も運営されています。
天皇制は各省庁の中で生き残っていたのです。
ところが天皇自身のできることは新憲法では僅かしかありませんでした。
マッカーサー天皇会談でアメリカ軍の永久占領と引き換えに天皇家の存続を懇願した代償が権限の限定だったのです。
日本に民主主義を根づかせることが占領目的だったアメリカは自らが理想とする条項を新憲法に盛り込みました。
ここに自民党政治終焉の時限爆弾が作動し始めたのです。

47 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/09(金) 23:55:14 ID:UgR8OkZz0
>>46
自民党はまだ生まれていません。
後の保守合同を経て雑多な保守層を取り込んで自由民主党が誕生しました。
アメリカに占領されていては表面上は民主主義政策を行うしか生き残る道はありませんでした。
アメリカの意向に従うことが天皇を守ることになると信じ込んでいたのです。
ところが朝鮮戦争を境に冷戦が始まりアメリカ自身がファシズムに陥りました。
ソ連はレーニンが死ぬ直前からファシズムになっていましたが。
戦後のアメリカは宣戦布告なき戦争を繰り返すという道に突入していきます。
戦後の日本はアメリカ式民主主義を強いられました。
実務を取り仕切る各官僚の頭の中身が天皇制という矛盾を抱えながら。

48 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/10(土) 00:07:45 ID:RZN3+Lwe0
>>47
バブル崩壊を経て豊かさと小泉政権によるむき出しの資本主義による貧しさを体験した日本国民は充分成熟した大人になったようです。
もはや小学校6年生の素直さを持った子供ではありません。
自分の頭で考える国民的反抗期に目覚めたのです。
特定の政党に票を集めれば生活が変化するということを体験した国民はヨーロッパ社会のあとを追うことになるでしょう。
これが自民党政治が終焉した理由です。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 00:44:52 ID:45eBmhhl0
ここ数日張り付いている人は中学生かと思ってましたが、大学生だったんですか・・・。
きっとFランクでしょうね。

さて、
>>1は「>>1の様な根拠でもってスレタイの様に言い切る事は出来ない」これにまともに反論しろや。
>出来ないんならお前が涙目にさせたと言う先生に詫び入れて来いや。
>「子供の浅知恵で大人に舐めた口きいて済みませんでした」とな。

どうしてこんな品性を疑われるようなヒステリックな云い方しかできないんですか。論理や言葉の通用しない人に
反論ていわれても指導(否、指導はもっこす先生がしてくださっているようですが)、反論なんかできないでしょ。
それに、あなたの云ってること、とどのつまりは「天皇はむかし王様だった。敗戦後も同様の扱いを受けているか
ら、敗戦前と同様に王様とみなすのが自然」という低レベルの話でしかありません。よくもまあ>>39みたいなこと
がいえたもんですね。>>1を100回読み返しなさい。そして「Fランクの浅知恵で舐めた口きいて済みませんでした」
とでも言いなさい。



50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 00:47:28 ID:45eBmhhl0
>>45
>日本の行政権の長は天皇
>日本の統治権は名目上ではあるが天皇に属しているので「君臨すれども統治せず」でおk

釣りですかこれ?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 21:29:31 ID:njrl59Ob0
>もっこす氏
丁寧な説明有難うございます。レス遅れてすみません。
2、3質問しても良いでしょうか?
・「自民党政治の『終焉』」と言う意味は、もはや自民党に民意が戻る事は無いと言うことでしょうか?
その際、保守層の受け皿となる政党が別に現れると思われますか?
・政権政党は代わりましたが、官僚は代わりません。彼等は「頭の中身が天皇制」のままなのでしょうか?
その場合、より多くの「矛盾を抱え」、政策の実行がより困難になる事はないのでしょうか?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 01:21:15 ID:JKomlXt+O
>>46
もっこすはさすがに煙に巻く腕はたしかだ。あやうくスルーしそうになった。
あまりに現実離れして突拍子ないんで皆さんお相手できないらしい。
大政翼賛会が戦後そのまま自民党になって、なんですか民主主義を装って天皇制存続のための政治をしたと?
アメリカが朝鮮戦争のときからファシズムになったと。
小泉の後国民が利口になったから、自民党=大政翼賛会が潰れて、それで天皇制が無くなると?
あなたの煙幕をかき分けて趣旨をまとめるとこういう事かな?
で、立憲君主制と天皇の関係はどうなの?
まあ、それはいいとしようか。
どこから反論していいやら途方に暮れますね。これだけのことを真剣に考えているとは。…あなた、言いにくいが、一種の病気ではないですか。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 01:28:21 ID:h3kE5kNb0
GHQが裕仁処刑しときゃあよかったんだよ。

で昭仁をお飾りで文字通りの象徴天皇にとおけば

女系だ、どうのってわずらわしい事に国民は付き合う必要はなかった。

54 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/11(日) 12:46:43 ID:slZmZcSB0
>>52
アメリカの歴史を知らないとそういう意見も出てきます。
日本敗戦直前にアメリカがとった無差別爆撃はファシズム思想そのものですし当時のアメリカ軍事高官でアメリカのファシズム化を予言した人もいます。
それと日本の政治史の流れを把握していれば出て来ようがない疑問です。
有名なユダヤ人のためにビザを出した杉原千畝氏は天皇のためにユダヤ人を救ったのです。
天皇こそ日本という考え方は今でも高級官僚の主流の思想です。
学術会議の先生方が嘆いておられます。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 13:07:08 ID:57kWRgcR0
>>54

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 16:48:04 ID:JKomlXt+O
>>54
敵国に対する無差別爆撃がもっこすの頭の中でどう変化してファシズムを意味するものになるのか。
1ファシズムの意味があんただけ別なのか?
2それから杉原千畝が天皇のためにユダヤ人を救ったと?何を根拠に?
とりあえずこの2つに答えてもらえますか?
あんたのいう「大学レベル」の「大学」が「大学病院」でないことを祈るよ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 23:04:28 ID:1poSE9n10
>「大学病院」でないことを祈るよ。

ヲイ!
Fランの分際で面白いこというじゃん
ざぶとん1枚!!

58 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 00:36:20 ID:pt7KuLcO0
>>56
ドレスデン爆撃や東京大空襲に見られる無差別爆撃はそれまでのアメリカの戦争にはなかったものです。
極力民間施設を避け軍事拠点だけを叩くのがアメリカの戦争でした。
これは日本との戦争に影響されたためと考えられます。
それと杉原氏が外交官としての研修期間に一冊の本が出版されています。
これです。
http://www.saturn.dti.ne.jp/~sasagu/kariel.htm
今は絶版で図書館で読んでください。
この中に王の臣下たる外交官は王の利益になるなら命令を無視しても行動しなければならないという一節があります。
この本は外交官の虎の巻として今でも読まれている著作であり当事の杉原氏も読んでいたと強く推察できます。
この本が杉原氏の行動に影響を与えたことは間違いないと確信しています。
杉原氏の蔵書を調査すれば見つかるでしょう。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 00:56:07 ID:85WuBeo50
>>58 カリフォルニアやテキサスは、元々メキシコ領だが?それとネイティブの方の事も焼失?
杉原氏というより、ロシアが見逃しただけ。

60 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 08:54:39 ID:pt7KuLcO0
>>59
意味不明

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 09:05:56 ID:N8EeHpcE0
都合が悪いと何でも焼失だしね。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 10:34:58 ID:hcPtLzGuO
>>58
質問1もっこすのファシズムの定義についてだが、早く回答してくれるか。この際妄想でもいいぞ。
質問2杉原千畝が、研修中に「天皇のため」と書いてある一冊の本を読んだがために、上官の命令を無視して「天皇のためにユダヤ人を救った」と?
では,同じ本を読んだほかの外交官は命令した上官を含めてみんな天皇の意志に背いたわけだ。
それにしてもファシズムの元締めのはずの天皇って人道的なんだなあ。って言うか、あんた何が言いたいんだ。
どうせならもう少し整合性と説得力のある妄想語れないのか?
以上の回答は、おもしろくて説得力あるやつで頼むぞもっこす!

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 11:50:25 ID:uER60E8C0
質問3
>ドレスデン爆撃や東京大空襲に見られる無差別爆撃はそれまでのアメリカの戦争にはなかったものです。
>極力民間施設を避け軍事拠点だけを叩くのがアメリカの戦争でした。
>これは日本との戦争に影響されたためと考えられます。

要するにドレスデンや東京は南京の日本軍の真似だということですか?

64 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 12:22:07 ID:pt7KuLcO0
中学生の質問だな。
本の一冊も読んだことないねw                                                                            

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 13:08:45 ID:hcPtLzGuO
>>64
早く答えろバカ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 13:13:55 ID:uER60E8C0
>>64
中学生さんの質問だけじゃなく私の質問にも早く答えてください

67 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 13:37:14 ID:pt7KuLcO0
>>62
現物は一日あれば読める薄い文庫本だ。
図書館で確認してきなさい。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 13:38:02 ID:hcPtLzGuO
>>66
お前のことだバカ!

69 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 13:39:53 ID:pt7KuLcO0
>>66
あなたは大学生らしいが戦記ものの一冊も読んだことはないのか?
戦争にも決まりがあるんだよ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 13:40:57 ID:hcPtLzGuO
>>66
お前のことだバカ!

71 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 13:52:33 ID:pt7KuLcO0
教育程度は質問のレベルでわかります。
中学レベルのしつもんを35過ぎたおっさんがしてるのもね。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 14:38:55 ID:hcPtLzGuO
>>71
お前の程度に合わせてやってるのだ。
可哀想だから妄想でもいいと書いてやったんだぞ立往生野郎!
ごたくならべてないで答えろバカ!

73 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 14:41:40 ID:pt7KuLcO0
現物を読めば出ない質問だ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 15:35:20 ID:hcPtLzGuO
>>73
「ファシズム」の意味すら取り違えて妄想と嘘八百書きちらして、「ファシズム」の意味の間違い指摘されると、開き直って本を読めばわかるだと?
ファシズムって確か中学レベルだよな(笑)
あちこちにさんさん書かれてる通りの、とるに足らない輩のようだな。

75 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 15:37:51 ID:pt7KuLcO0
>>74
研究書くらい読めよ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 18:24:08 ID:uER60E8C0
>>70
いや貴女のことですよ。

>>69
私はもっこすさんに論争をふっかけようとしているのではありません。ただ疑問を手っ取り早く解消したいだけです。
>>63への解答をプリーズ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 19:40:38 ID:mBD6Q52I0
>>69 戦時になると、航海日誌を捨てるしね。

78 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 21:02:48 ID:pt7KuLcO0
>>76
大学になるとヒント与えただけでも文献にたどり着く力があるもんだがね。
試験もアンチョコに頼ってんの?

79 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 21:07:55 ID:pt7KuLcO0
>>77
戦前の航海日誌は軍事機密の塊だからね。
敵国船舶の動きが詳細に書いてあった。
被爆した第五福竜丸は無線封鎖して日本まで逃げ帰った。
軍事機密を知った船は撃沈される危険があったからだ。
戦前からの船乗りは常識としてそのことを知っていたんだよ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 21:08:12 ID:hcPtLzGuO
>>78
もっこすは大学病院レベルだもんな!

81 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 21:11:16 ID:pt7KuLcO0
>>80
質問しか出来ないのは中学卒業レベルだ。
いわゆるなぜなぜ坊やね。
幼稚園児くらいはそうだろ?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 21:12:24 ID:uER60E8C0
>>78
何かお気に召さないことがあるようですが、私はもっこすさんの世界に脅威を与える人間ではありません。
ただ疑問を解消したいだけです。
>>63への解答をプリーズ。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 21:18:55 ID:M+pVXxNt0
>>79あなたも、捨てたんでしょ? つか、都合が悪いと今でも捨ててるだろ!日本の自衛隊でも。

84 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 21:20:08 ID:pt7KuLcO0
>>82
しょうがない人だね。
一年生か?
図書館にこの本があるはずだから読んでね。

http://www.gaifu.co.jp/review/senryakubakugeki.html

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 21:25:39 ID:hcPtLzGuO
>>81
ファシズムの意味すら取り違えてるから言い訳の機会を与えてやったのにふざけた爺さんだ。
ひとつだけほめてやる。
お前の話をすり替えるテクだけは大したもんだ。
そのテクの成果で、お前みたいのにもバカなシンパがいるようだからせいぜい大事にするんだな。

86 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 21:28:27 ID:pt7KuLcO0
>>85
変容する思想を定義する?
次々に変化してるよ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 21:43:31 ID:uER60E8C0
>>84はいどうも。
では中学生さんを指導してあげてください。


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 21:44:14 ID:M+pVXxNt0
民間人と兵士の区別が付くなら、爆撃の必要も無い。 南京大虐殺然り。

89 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/12(月) 21:46:52 ID:pt7KuLcO0
>>87
いや相手は35歳過ぎてんだよw

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 23:56:22 ID:r+dwmJvz0
もう駄目だなこのスレ。
スレタイからして駄目だったけど。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 13:06:14 ID:ci+L0sn50

ああん、ああん、おまんまんがスレ埋め仕事がまた増える

ああん、ああん、おまんまんがスレ埋め仕事がまた増える

ああん、ああん、ああん、おまんまんがスレ埋め仕事がまた増える


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 18:31:13 ID:G8OjISKr0
もっこすさんは今まで「あなたアスペルガーでは」と言われたことありませんか?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 19:01:06 ID:yX8YQwiR0
やっぱり

94 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/13(火) 19:15:45 ID:BaipyE7h0
>>92
根拠を問われて書評付のサイトを紹介してあげたのがアスペですか?
何年生?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 21:06:34 ID:G8OjISKr0
55歳ですが。

96 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/13(火) 21:10:43 ID:BaipyE7h0
学力が高校生程度に見えますが本を読む習慣はありますか?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 21:13:28 ID:G8OjISKr0
ありますが。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 21:13:44 ID:lN0EV7XT0
本を読んでも、曲解じゃ意味ないよ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 00:09:11 ID:ORcbNSMg0
   ↑
もっこすさん、批判されてますが。如何します?

100 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/15(木) 01:14:55 ID:jfs0dOvf0
一生理解できんだろう

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 14:22:09 ID:6Qh0ll3e0
ロバに餌をやらないで下さい。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 18:49:50 ID:yeF1S/S+O
もっこすは今、静かに来し方を振り返っています

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 20:12:02 ID:ORcbNSMg0
>一生理解できんだろう
    ↑
 あきらめないで!ガンバレw

104 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/15(木) 21:18:37 ID:jfs0dOvf0
高校生だったら目の前にアンチョコを出したら一生懸命暗記するが目の前のものをあーだこーだといちゃもんつけるのは一生なんもできんよ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 11:05:38 ID:+SOcIC47O
>>104
もっこす教師のつもりか?
教師は教科書に基づいて授業するもの。
妄想教えるな。
妄想でないと言い張るなら根拠を示せ。
示せないなら妄想だ。
以上だ。
わかったか。
何度も同じこと書かせるな。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 15:12:23 ID:fnEVaXCd0
もっこすって「横レス」ばっかりだな。スレの本題には触れず、どうでもいいようなワキの知識というより

  雑  学

をひけらかしてケムに巻く。

このスレでも天皇が君主・元首なのか否かということには全然触れていないし。

107 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/16(金) 17:35:20 ID:tAqVIpg30

NHK見てた人なら気がついたと思うが、あたしのやり方は高校の授業、それも灘高で実際に行われている授業を真似たものなんだ。
元々この板の住人とは「あめぞう」時代から解同の不正を糾弾してきた人が立てたスレを集めて始まった。
当初は500くらいあったかな。
部落問題の基礎知識、解同や似非同和に関する情報交換などが中心だから好奇心がいっぱいの子供も見に来る。
世間を知らない子供がこの板を見たら差別が当たり前なんだぁと思い込みかねない。
子供は図書館の使い方を知らないから答えが書いてある本までは教えるが後は図書館で読むように誘導してきた。
図書館にいかないからわけがわからないままでこの板から去るということね。
実際に解同や似非同和の被害にあった人は必死で調べる、
ただどこに資料があるかわからないだけだ。
それを図書館に誘導してきた。
元の住民たちは2ちゃんねるおよびインターネット全体に拡散しているが不定期にこの板に帰ってきて新知識を仕入れて帰っていく。
これは大人のインターネットの使い方だよ。
ついてこれない人は助けない。
最小限度の助言はするが。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 19:15:12 ID:+SOcIC47O
灘校の教師って、とんでも本のテキストで教えてるのか?
いい加減にしろ。全国の卒業生がどう思うか考えてから書け!バカ!

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 20:52:56 ID:pRbneJuQ0
>>106 その雑学も、間違いだらけ。  もっこすくんは、熊本高校卒だそうです。
http://momotaro.boy.jp/html/KHI%20kumamotokenn.html
熊本県 高校偏差値 一覧 2009

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 08:48:49 ID:nIOJZQ1f0
高校生にやりめられた人と中学生にやり込められた人がマターリしているのはここですか?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 09:57:14 ID:sh+NUJK80
>1
不敬罪でタイーホ

112 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/17(土) 10:26:30 ID:gSx3N+QF0
>>111
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/60/2/6001930.html

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 13:47:14 ID:sBTFUvSbO
>>112
もっこすに当たり前の話が通じない理由がやっとわかった。
奴は、自分のことを一段高い所にいて、相手は自分の話を有り難がって拝聴するものだ、と思いこんでいるのだ。
だから、証拠を示してほしいとの問いかけに、自分で調べなさい、と有り得ない対応になる。
当然の反論に対して、教師に対する反逆だと思うようだ。
どうしようもない異常者でバカだ。

114 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/17(土) 13:53:52 ID:gSx3N+QF0
>>113
政治学の知識も政治の裏面史も知らない人はほっとくしかないもん。
このスレタイを本当に理解してるならね。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 15:44:45 ID:sBTFUvSbO
>>114
もっこすは歪んだエリート意識の虜だ。根拠なく自分を相手より上位に置かずにいられない。
実生活では虐げられているからここで反動が出るのかどうか知らないが、もっこすの根拠ないエリート意識は、もっこすが嫌う差別意識ととてもよく似ている。
つまり、もっこすは差別を批判する資格を欠いてはいまいか。

116 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/17(土) 17:29:36 ID:gSx3N+QF0
知人の某作家氏は貴族的だって言ってたw

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 18:49:28 ID:sBTFUvSbO
>>116
もっこすは差別を批判しているように見えて、実は差別者に憧れている。というより、妄想の中でほとんど一体化している。非常に歪んだ精神状態だ。
差別について相談を持ちかける相手を踏み台にして差別者の位置を獲得する。
自分が相手よりすぐれているという妄想の中にいるから、根拠の無い妄言を、恥知らずにも上から「人に教える」ことができる。明らかな言葉の間違いすら訂正することを拒否する。
少しでも自分の非を認めると、そこから強固に作ったはずの防波堤が決壊を始めるからな。
そして、ネット上では議論をはぐらかすことが出来るが、対面ではそうはいかないから、人前では議論しない。何だかんだと理由づけるが、恐怖から無意識的に避けているのだ。
部落差別に根拠があるのか無いのか知らないが、もっこすのエリート意識に根拠が無いのは、地球がまるいのと同じくらい間違い無いことで、ましてや貴族的などというのは有り得ない。笑わすな(笑)
もっこすは危険で極めて歪んだ差別意識に凝り固まった奴だ。
バカ!

118 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/17(土) 20:06:25 ID:gSx3N+QF0
それで何か不都合がありますか?

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 21:21:10 ID:sBTFUvSbO
>>118
不都合おお有りだ。

120 :くそすれ:2009/10/17(土) 22:50:01 ID:lOBSaSBM0

ああん、あん♪

おまんまんが♪

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 22:58:45 ID:z7gfgwif0
もっこすくんは、障害だしな。

122 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/17(土) 23:11:34 ID:gSx3N+QF0
>>119
この板は解同のばかぁと書ければそのときからお友達になれるいい板です。
あたしのお株を奪うのも自由です。
ご活躍をお祈り申し上げます。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 14:22:41 ID:TMsVeEUzO
>>122
もっこすも心入れ替えてせいぜいがんばれ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 22:42:05 ID:2UB4ow4C0
おれはこれまで35回もっこすを論破したことがあるが・・・
といって自慢にならんな。日本語で文章が書けるなら誰でもできることだから。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 22:45:21 ID:rilIIL570
誰?

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 07:29:41 ID:zi+VhxTD0
おれ

127 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/21(水) 08:20:51 ID:wDV0SHoJ0
知らんw

128 :毛っこす:2009/10/21(水) 21:32:36 ID:zi+VhxTD0
なんなら36回目いくか?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 23:03:42 ID:vZRztrxp0
天皇は日本国の元首であり、象徴です。
日本は立憲君主制です。
行政は議院内閣制で責任内閣制に基づきやってます。

★日本は絶対君主制ではありません★
絶対主義なんて、ありえない。←怖い。

130 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/21(水) 23:13:39 ID:wDV0SHoJ0
>>129
主権者より下の元首はいないよ。
憲法読んでね。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 23:28:07 ID:vZRztrxp0
主権者より下の元首はいないよ
その下って何なの?



132 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/21(水) 23:36:00 ID:wDV0SHoJ0
日本国憲法には主権者は誰と書いてあるか読んだ?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 11:24:53 ID:bHVjajv7O
言葉の定義を完全無視するもっこすが、それを書くか?

134 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/22(木) 14:42:11 ID:qmFfsr9Q0
定義は実態から導き出される。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 18:15:56 ID:bHVjajv7O
からむんじゃなかった

136 :スカトロ高橋の妻 ◆GJKbcoJ06. :2009/10/22(木) 20:42:14 ID:tLwG3TgYO
わたしの旦那はスカトロなの(-_-)

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:13:20 ID:MW1lQyO40
ここに来ているウヨって、ウヨの中でもホント程度低いヤツばっかだね。おれがウヨだったら情けなくなるな。

結局、裕仁の命乞いがうまくいって、敗戦前と同様にテンコロやその家族が「屁以下」とか「臀可」とか呼ばれてきたから、
敗戦前と同様、テンコロ=日本の王様でおkと単純に思いこみたいだけのことだろ。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:15:00 ID:MW1lQyO40
物事を深く掘り下げない
歴史を学ばない
歴史に学ばない


 程度の低いウヨの特徴


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 21:44:15 ID:VmKpKc0o0
天皇は主権者である私たち日本国民の総意に基づいています。
そのため、私たち日本国民が認識しているのは天皇陛下の地位は最高位に属しいることです。

従って天皇は元首であり、象徴なのです。
つまり、日本国の代表で日本国家そのものなのです。

主権者である私たち日本国民は天皇を大事にしています。
そして尊敬しています。
また、現実的にみても威厳があるでしょう。

天皇は国事行為をしています。
それは私たち日本国民にはない、たいへん重要な行為です。
国事行為こそ元首としての役割なのです。

ただし、天皇(皇族の方々)も憲法を遵守しなければいけません。
なぜなら日本国は立憲君主制であり、絶対君主制ではありません。

残念なことに日教組や反日、在日の人達は、日本及び天皇のことが好きじゃないらしいです。
日本を、なめないで下さい。
以上。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 23:52:59 ID:bHVjajv7O
>>137
天皇が日本の王様と思いたい?ずれたことを書いてるね。何もわかってないぼーやだ。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 23:59:35 ID:MW1lQyO40
  ↑
程度の低いウヨの特徴の追加

文句はいうが反論をできない

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 00:02:55 ID:hYsx27w20
  を     が

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 00:13:26 ID:oEXfHQUS0
問題:かたいのはどっち?

A.りっけんくんしゅ
B.てっきんこんくり

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 00:31:12 ID:czoi/QSIO
>>141
反論に値するような意見の体をなしてない。ばかばかしい

145 :何故?:2009/10/23(金) 18:27:05 ID:dElY04lfi
国会議員の議員バッジ、菊の門は、どこの家紋だか知らないのか?
天皇家の家紋だよ

これの意味するところくらいは、さっしようよ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 21:36:13 ID:hYsx27w20
菊印はなんだかしらないのか?
菊印はアヌスだよ

もっこすがこのすれに張り付いている意味くらいは「さっしようよ」

147 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/25(日) 04:25:50 ID:r6rsMemW0
>>146

ヨーロッパ紋章学では「ロータス」というんだよ。
ドナウ文明発祥だそうだ。
古事記と同様シルクロードで伝わったんだろうね。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 09:55:54 ID:yxDi9rpf0
>>144
悔しいだろうが「反論に値するような意見の体をなしてない」から
ではなく

 反 論 で き な い か ら 

反論できないないのだ。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 12:50:54 ID:ppzT5WAIO
>>148
反論してほしければなにか意見を書け

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 13:42:42 ID:yeSjmccc0
ここのスレは
日本を
極右=絶対君主制 政治は超然主義
右派=立憲君主制 政治は議院内閣制 責任内閣制
左派と極左=日本、天皇そして日本国民が嫌い アナーキズム(無政府主義)
↑と考えているのですね。

…なら、私は、ここの今までのスレを読んでみて右派の方々の考えに賛同します。
なぜなら私は日本人であり日本が好きだからです。
日本人として天皇を尊敬しています。
日本に天皇が居られることを誇りに思います。
天皇は私たち日本人にとって、尊い存在です。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 13:56:35 ID:6dbXsTHZ0
日本は立憲君主制と言うことで結論が出たようです

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 14:07:19 ID:vul/exY10
★★★天皇制なんかもういらない!★★★
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1256277916/

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 20:03:04 ID:0lI2EMYy0
>>147
もっこすくん、ロータスって、蓮じゃないの?

154 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/25(日) 22:13:17 ID:r6rsMemW0
>>153
そうだよ。
あちらで石に刻んである形だ。
当然日本より古い。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 23:02:12 ID:0lI2EMYy0
>>154
もっこすくん、菊と蓮って、ちょっと無理がないか?w

156 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/25(日) 23:06:59 ID:r6rsMemW0
>>155
そう思うよ。
ハスを菊に挿げ替える「なんてね。
もっともヘラクレスが仁王になってるくらいだから不思議はないかも。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 00:35:48 ID:7KRQOzsDO
>>156
菊の紋は中東由来でドナウ発祥などではないし、仁王がヘラクレスなどと、似てるものは何でも関連づければいいってもんじゃないだろ、たま出版か岩波の本にでも書いてあったのか?とんでも本ばっかり読んでんじゃねえぞ。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 08:36:58 ID:Gk1UD31I0
もっこすくん、菊が欧州に伝わったのは、18世紀頃だぞw
蓮は大賀蓮を始め、古くから日本にも存在し、第一意匠が菊と蓮では違う。

159 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/26(月) 12:26:38 ID:VwUZGl1d0
>>157
イラクで仏陀を守るヘラクレス像が発掘されている。
狛犬の原型はスフィンクスだぞ。

160 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/26(月) 12:28:32 ID:VwUZGl1d0
>>158
ロータス文様が古いよ。
美術史を調べなおしてね。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 13:27:30 ID:SsmLldPD0
>>160
ロータス文様とは菊紋のことです。ロータス文様の定義は21世紀にな
って変わりました。
などと、お得意のセリフが美術史のどっかに書いてあるのか?おっさん。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 13:40:55 ID:SsmLldPD0
>>159
それだけのことで仁王がヘラクレスだとなぜ言える。
しまいには牛若丸を守る弁慶もヘラクレスか?

163 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/26(月) 16:11:40 ID:VwUZGl1d0
>>162
以前NHKで放送してたんだけどね。
見てなかったの?

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 16:20:40 ID:pB+cde200
>>163
また嘘っぽい伝聞ですか、もっこすくんw  蓮の家紋の意匠も見てね。
http://www.otomiya.com/kamon/plant/hasu.htm

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 16:39:06 ID:pB+cde200
もっこすくんも、世界中に似た様な話が有る、「海幸山幸」を読むといいよ。

166 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/10/26(月) 17:01:55 ID:VwUZGl1d0
高々2000年ちょっとの歴史しかない日本と数千年5千年の世界文明を誹謗するなよ。
川は上から下にしか流れない。
物理の法則だ。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 17:12:45 ID:pB+cde200
>>166
文明が一ヶ所からだけ、出たとは思えん。人間のルーツを探しに、アフリカにでも行くといいよ、もっこすくん。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 08:23:30 ID:x1eQLAHGi
世襲国会議員の下に世襲穢多貴族が君臨する封建国家。
平民は絞り取られるのみ。


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 21:58:10 ID:L3ug5L1V0
もっこすとバカウヨに乗っ取られた

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 22:18:41 ID:ZgjIEyqPO
日本は名はともかく、明治から敗戦までの時期をのぞいて、立憲君主制ではない。
日本は大昔から権力と権威が分離していたので、以降、名実ともに君主であった者はいない。
だから日本を無理に立憲君主制という西洋の政治制度に当てはめることには無理がある。
日本は西洋とも中国とも違う、という所から出発するしかない。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 18:36:19 ID:HMeghoWw0
じゃあ日本は立憲君主制、議院内閣制、共和制でもなければ何?
国家ではないの?

日本は、国家ではないと思っているのは
日教組、反日、在日、韓国(朝鮮)人の方々ですね。

主権者である私たち日本人は、日本国は立憲君主制であると理解しています。
なぜなら天皇は日本国の元首であり象徴であるからです。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 19:46:11 ID:9sjzUoRiO
>>171
立憲君主制、議院内閣制、共和制のどれかに当てはまらなければならない、との発想が、西洋文明に頭までどっぷり浸かってる証拠だ。
日本の天皇の歴史ははそのいずれの制度より古いのだから、後から出来た制度に合わせる必要はないと言っているのだ。
何か名付けたければ、ただ単純に「天皇制」とでも呼べばいい。
ところで、先の大戦で大勢の若い日本人が死んだが、天皇個人のために死んだのではなく、天皇が象徴する日本の国民、国土、文化、伝統などなどを守るために死んだのだ。
独断的に言えば、天皇が尊いのは、その血が尊いからというよりも、天皇が、共にあった日本の長い歴史の超国宝的証拠(証人ではないから)だからだ。
未来永劫、天皇がいる限り、尊い先人の犠牲に思いをいたす事が出来る。これは日本人にとって何より有り難いことだ。

173 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/01(日) 12:46:13 ID:O7jKbSt40
日本社会一般は共和制だが官僚機構の中では戦前の天皇制のままきてる。
この矛盾が今回の政権交代につながった。
天皇御一人のための政治をやってきたのが自民党だ。
国民などいくら死のうと騒ごうと天皇一人いれば日本は安泰という連中には国民の苦しみは理解できなかった。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 12:52:40 ID:cQFCLiCw0
>>173
もっこすくんたちには残念だが、天皇はそうは考えていない。

175 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/01(日) 13:15:27 ID:O7jKbSt40
>>174
日本学術会議の先生にお話を聞く機会があったが官僚たちはゴリゴリの有機体説だそうだよ。
あきれておられた。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 13:22:58 ID:IH4DA9h+0
>>175
もっこすくん、そこは役所の一部門だが?w

177 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/01(日) 13:30:10 ID:O7jKbSt40
>>176
そうだよ。
だから日常的に官僚たちと論争してるそうだ。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 13:31:54 ID:IH4DA9h+0
>>177
そして税金を貰うんですね、わかります。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 14:17:19 ID:avBOu9+iO
>>173
おいもっこす、荒らしの汚名を晴らしたければ、まずあんたの新説の、「ロータス紋の定義が21世紀になってから菊紋に変わった」経緯を説明しろ。
それからこれもあんたの珍説である、「伊藤博文が暗殺された約一年後に、再びこの世に現れ、朝鮮国王からハンコを無理やりひったくって併合条約に押印した」ことを科学的に説明しろ。

180 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/01(日) 14:30:01 ID:O7jKbSt40
>>179
あれは昔から知られているよ。
文様史関連の書籍読んでごらん。
それとせっかく百科事典を紹介したんだから読んでね。
学生さんは勉強w

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 14:42:26 ID:ND0vAbMM0
もっこすくんは、蓮紋と菊紋の違いがまだ解らんらしいな。

182 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/01(日) 14:45:22 ID:O7jKbSt40
>>181
図書館にいけ。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 15:01:16 ID:ND0vAbMM0
もっこすくん、ネット上には無いんだね?w

184 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/01(日) 15:09:33 ID:O7jKbSt40
ネットで探すのは子供くらいだ。
大人は情報にお金を使うんだよ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 15:13:13 ID:927RTOop0
嘘の情報に玳瑁。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 15:28:58 ID:avBOu9+iO
>>184
あのなもっこす、自分からおかしな珍説出しといて、異論がでたら、「根拠は自分で調べなさい」などという主張は、まともな大人では有り得ないのだ。全く常識外だ。愚かにもまだ気づいてないか。
あんたは、おそらくは非常に狭い世界、それもおそらくは知的レベルのかなり低い者らに囲まれて、いつも王のように振る舞っているらしいことが、書き込みから濃厚に漂ってくるのだが、その世界を出たら、世の中の常識に従わなければならならないぞ。

187 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/01(日) 15:32:58 ID:O7jKbSt40
>>186
君らは文様史なんて勉強したことないことくらいわかるが。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 17:22:31 ID:927RTOop0
もっこすくん、菊が採用されたのは何時頃だね?w

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 12:52:32 ID:9nClTFkSO
もっこす氏は妄想と受け売り書き散らすんです。議論出来ないです。そういう病気なんです。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 20:34:37 ID:RfwgONlL0
もっこす2.0とやらいうコテが文様史の具体的な書名と、何ページの何行目に
書いてあったかをあげれば済む話

それが出来ないならただの出任せだな

191 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/05(木) 20:40:10 ID:OCc5gFw20
ヒントは与えるが調べるのは自分自身の勉強だよ。
調べる過程で余分な知識も付くがそれが養分となる。
勉強しろよ。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 22:46:50 ID:D+mdKgH70
もっこすくん、菊柄の採用が非常に遅い時代なのだが?w

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 23:53:49 ID:9nClTFkSO
もっこすって奴は、辻褄があわなくなると、頭抱えてワーッと叫び、パソコンの前から遁走します。しばらくすると、気持ちが落ち着くのか、何を追求されたのか忘れたのか、決まり文句の「勉強しろ」が出ておしまい。再び妄想と嘘と勘違いの日々がはじまります。
この繰り返し。ある意味、幸せな病気だなあ。

194 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/06(金) 01:48:01 ID:0lUpGbsm0
しようがないな。
ヒントだけだよ。


http://wasalaam.web.infoseek.co.jp/egypt02/8501.html#tops
>菊の御紋
>天皇家のシンボル菊の御紋。実はそのルーツは、
>このエジプトのロータス文様との説。
>どこの馬の骨とも知れない時代、吉村先生は考
>古庁のえらいさんにパスポートの菊の御紋を見せ
>て、やっと発掘許可を取ったのだと言っていまし
>た。エジプト神話はギリシャ神話のルーツの一つ
>でもあります。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 09:05:31 ID:sq1iliwW0
>>194
いや、蓮から菊に変わった経緯と、それを皇室が採用した経緯。時期でもいいよ。

てか、これが日本学術会議? 道祖神もいらっしゃるw

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 12:27:26 ID:rMDaibP5O
>>>194
わらしべ村掲示板って、おい、笑わしてくれるな。

197 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/06(金) 17:08:57 ID:0lUpGbsm0
なんだ中学生だったのか。
大学生なら知って人もいるからね。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 17:14:22 ID:KO/jnbOk0
>>197
昔の在日朝鮮人
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/rights/1234857309/293
293 :良明 :2009/11/06(金) 17:01:59 ID:tnLyypSx0
ところで李さん、そのクラブは日本の施設ですか、在日の方のですか?
仮に日本のだとすると、李さんは日本人と仲良く過ごしてらっしゃるのですね。
いつも楽しく読ませていただいています。
これからもどんどん投稿してください。

もっこすくん、卍の例もあるのだがw

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 18:21:54 ID:XLVxwSd50
>>197
大学生なら知ってる人もいるから、知らないと中学生か? もっこすらしい論理性のなさ。
しかも明らかに引用元の間違いだろうが。
もう死んでくれ。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 18:30:18 ID:KO/jnbOk0
もっこすくんは、中学受験を控え、荒れ気味な消防。

201 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/07(土) 23:21:16 ID:2OD5oAld0
>>199
有名な説だ。
知らないほうがおかしいw

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 23:36:03 ID:1mg+bTIM0
もっこすくんの珍説に、ググル様も降参らしいw

203 :もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/07(土) 23:49:52 ID:2OD5oAld0
吉村先生が嘆いてるよw

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 00:24:37 ID:jb/MmEw/0
>>203
もっこすくん、作爺には学位詐称の疑いもあるのだが? 彼の業績は衛星写真や最新機器を駆使しただけだよ。
それともっこすくんが大好きな、日本学術会議の連携会員でもないし。 それに、祖母が拝み屋と告白されている。

ここはもっこすくんに対抗して、美術評論家の伊東順二氏の話でも聞きたいなw

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 09:13:02 ID:JR3jUvM6O
>>201
もっこすの妄想嘘つき癖は超有名だから、知らないのはもう死んでもいいくらいおかしい。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 09:46:44 ID:JR3jUvM6O
>>201
もっこすのブ゙ザマな取り繕い、知能の低さモロダシの詭弁、健忘症、他は超有名だから、知らないのは死んでもいいくらいおかしい。

207 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/08(日) 12:55:50 ID:D98FmWE70
>>202
あなた様がキーワードが思いつかないだけですw

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 14:20:24 ID:SULtpb8q0
>>201
もっこすのブ゙ザマで恥知らずな言い繕い、知能の低さモロダシのつたない弁解、そのまま認知症に移行すると思われる人格障害、自らの無知低能を自覚してないはなはだしい身の程知らずぶりは超有名だから、知らないのは地獄でもう一回死んでもいいくらいおかしい。


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 20:27:21 ID:BVHOd+jv0
>>207
もっこすくんが思い付いたのが、作爺や日本学術会議だしなw。 珍説で菊が霧の中にw

210 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/08(日) 20:30:26 ID:D98FmWE70
>>209
この説は考古学の世界では30年以上前からあったんだが。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 20:42:25 ID:BVHOd+jv0
>>210
そんなにメジャーなら、ググル様もご存知なのにね。作爺は今じゃあ、変な大学の学長だしw

212 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/08(日) 20:45:59 ID:D98FmWE70
>>211
あたしが知ってるくらいだからね。
先生も学生時代くらいに聞いたんじゃない。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 20:51:12 ID:kUI9LfvD0
偽書は表に出ないしな。 もっこすくん、作爺を巻き込まない方がいいよw

214 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/08(日) 20:52:40 ID:D98FmWE70
>>213
掲示板は教えたんだからメールすれば?

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:00:24 ID:kUI9LfvD0
掲示板?にメール?? それにしても、皇室の菊紋採用の詳細は霧の中w

216 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/08(日) 21:05:43 ID:D98FmWE70
>>215
ずいぶん前にどこかの大学の紀要で読んだけどね。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:08:23 ID:kUI9LfvD0
>>216
 それが、サイバー大学?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:08:37 ID:q+6rb3dm0
三文字以上の漢字をスレタイにいれるなっての。
モッコスホイホイになってエセ知識披露しに来る。
最後のとどめは、昔から図書館逝けだ。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:11:00 ID:kUI9LfvD0
図書館にも無い偽書でお勉強だし。

220 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/08(日) 21:11:42 ID:D98FmWE70
あたしと関係ない人が書いた本なら信用するだろ?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:15:35 ID:kUI9LfvD0
内容に因る。珍説や史実からずれる場合が殆どの、もっこすくんだし。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:20:56 ID:q+6rb3dm0
もっこすって中卒集団就職組だろ。
大学うんぬんなんて話するな!
バカ!



223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:30:45 ID:Pr+2OXwg0
もっこすくんって、どこの大学出てるの?学園大学?それとも騒擾大学?

224 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/08(日) 21:39:13 ID:D98FmWE70
>>223
たまらに聞け。
お互いに正体は10年以上前から知っていた。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:45:17 ID:Pr+2OXwg0
また、ググル様も知らない妄想。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:54:46 ID:q+6rb3dm0
>>224
聞くまでもない。中卒大阪集団就職組。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 23:13:11 ID:JR3jUvM6O
夜間高校と夜間大学「卒業」で異常な学力とプライドを獲得した学士様

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 23:42:04 ID:JR3jUvM6O
想像だがだいたいそんなとこだろ

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 03:30:15 ID:iYwtr+T70
そうかね?異常なプライドはコンプレックスの裏返し。
大学には行ってないと思うよ。
知識は仕事もせずに図書館通いしているからだと思われ。
元祖ニート代表。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 08:25:54 ID:XoTK4c9n0
学歴詐称まで

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 12:25:16 ID:YL3F7IIUO
さかんにダイガクダイガクと話題にしたがるのは、出入りしたことがあるから。夜間部あるいは聴講生としてだったろう。
彼の場合は、もちろんまともな入試は受けていない。

232 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/09(月) 17:42:15 ID:OuATewUo0
>>229
君らも図書館に篭もったらぁw
30年もすれば追いつくかも。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 17:59:05 ID:iYwtr+T70
もっこすみたいにはなりたくない!

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 18:33:30 ID:Ap9htfwm0
>>232
籠もっても珍説やとんでも文書ばかりで、論破され捲くりだね。

235 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/09(月) 20:44:12 ID:OuATewUo0
>>234
例をあげよ。


配点50点

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 21:00:10 ID:lFcw1ENB0
自分で捜すんだろ? それじゃあ、及第点も無理だな。
人に厳しく、自分に甘い、もっこすくんだしw

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 22:26:41 ID:K7AI8b8xO
もっこすくんご臨終ですか

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/11(水) 22:40:05 ID:cNdGjZaS0
もっこすくんって、沖仲仕だったんだね。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/13(金) 20:04:10 ID:1ZQBqjGLO
もっこすくんがお亡くなりになって、いい意味でもいい意味でも落ち着いた。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/16(月) 20:55:57 ID:c8jRgO0D0
本当であれば、貴様らただの国民(俺も含める)が皇族について語る資格など無いのだよ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/17(火) 21:55:19 ID:8l9AuWex0
おまいらもっこすを追い込むようなこと言ったら逃げるだけだろ
もっこすは妄言を言わせて楽しめばいいの。
もっこすを論破するのは日本語で作文が書ければ誰でもできる。
おまいらホントアフォね。もっこすの楽しみ方を知らん。
だから天皇を今でも日本の王様だと勘違いするわけだ。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/17(火) 23:07:25 ID:q+CJ2ewpO
もう少し骨があるかと思ったが。またガンガン叩きたい。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 03:27:16 ID:y+Ddy+cV0
エジプト考古学から日本政治史まで幅広く精通している大学者(笑)
ソース文献はほぼ二次資料でお馴染

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/21(土) 15:38:58 ID:O91cKpTj0
1
>天皇は象徴であって「君主」ではない。また、憲法にも法律にも君主という規定はない。
世襲の国家の象徴が君主でなくて何と?

>仮に「君主」であったとしても「臣民」が存在しない。日本国民は天皇の臣民ではない。
 臣民のいない君主は君主ではない。
法律上にまで臣民って書くと嫌がる人もいるからだろ。
臣民も国家に属してる以上「国民」って表現でも間違いじゃないんだから
敢えて「臣民」なんて言葉使って波風を立てる必要無いだろうし。
 
>政府関係者の中には君主であるとしても差し支えないとする談話を残した者もいるが、
 個人的見解であって「天皇=君主」とする根拠にはならない。
政府関係者のみならず、諸外国からも君主と認定されてるのだが・・・
あなたの「天皇=君主じゃない」は個人的見解ではないとでも?
 
>それでも「天皇=君主」としたいなら、ナンチャッテ君主程度のものとしかいえない
ナンチャッテ君主でも君主を頂いてる以上、共和制ではないので
立憲君主制で差し支えないと思うが。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/21(土) 15:39:58 ID:O91cKpTj0
>最後は涙目でこの指摘をきいておられました。
現代社会やってるって事は高校生だろ。
そういう質問は後で個人的に先生にしに行くのが年相応のやり方ってもんだ。
中坊じゃないんだし、形式的には目上の人を立てるって事も知っておいた方がいいぞ。

それに1だと、さも議論に勝ち誇ったかの様に書き込んいるが
結局君自身は「日本が立憲君主制じゃなければ何なんだ」という答えを出してない。
たまたま先生が動揺したから勝ったつもりかもしれないけど、
その点を突っ込まれた時に君が共和制とでも答えでもしたら結局先生の方が説得力ある事になる。

まあ、先生と学生が何かで対立した場合、よっぽど信頼されてる先生以外
クラスの学生の多くは多分君の方に味方してくれるだろうから
雰囲気的には君が勝ったかのように感じるかもしれないけど。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/21(土) 20:44:46 ID:d/Ds2avk0
>法律上にまで臣民って書くと嫌がる人もいるからだろ。
 臣民も国家に属してる以上「国民」って表現でも間違いじゃないんだから
 敢えて「臣民」なんて言葉使って波風を立てる必要無いだろうし。

お聞きしますがあなたは天皇の家来?

247 :245:2009/11/22(日) 00:40:04 ID:S0JTlWtLO
>>246
>お聞きしますがあなたは天皇の家来?
家来はどちらかと言うと「臣民」じゃなくて「臣下」だろ。
まあ、俺は皇室に関係する仕事してるわけじゃないから臣下じゃないけど、
皇室の存在を支持してるから臣民でも良いと思ってるけど。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/23(月) 11:25:27 ID:Fbovk+z80
 ↑
ネトウヨのカキコをいろいろみてきたけどこれは2ちゃんの歴史に残るネ申発言。
普通のネトウヨなら、根拠もないのに天ヌーを日本の王様や元首であると強弁す
る程度だが、日本国民を「臣民」と言い切るなんてスゴイ。

>>245の脳の中は満開の花畑。梅の花満開だ。もうペニシリンも効かん。気の毒だね。合掌。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/23(月) 12:45:44 ID:GObMsxxEO
>>248
「臣民って呼称でもいい」ってのはあくまで俺の個人的感想だ。

で、結局君は本題の政体については立憲君主制じゃなくて何だと?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/23(月) 13:10:31 ID:hsMOMlAYO
そもそも実質的には君主も臣民も日本にはいない。それでも立憲君主制と呼びたい。
立憲君主制というフィクションを保持したい。俺なんか、その通り立憲君主制だ、と信じた振りがしたいね。
それが深みのある人間というものだろ。
逆にこういったフィクションが成り立たないと世の中は殺伐とする。共産主義をみてみろ。
中には本気で信じる奴が出てくるのが困るが。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/24(火) 22:57:12 ID:ytK4B/ci0
深みのある人間なら、自分で自分のことを「深みのある人間」とは言わんが・・w

252 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/24(火) 23:01:57 ID:/l/qJAMO0
政治学という学問がある。
きちんとした定義もある。
社会的に日本の政治の仕組みは民主主義と住民自治が基本だね。
これは共和制と名づけられています。
憲法でも主権は国民にあります。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 00:17:06 ID:5Km5MCLQO
浅いやつは自分のこと浅いとは言わないが、深いやつは深いと言うこともある。
だいたい、盆も正月も神や霊魂があるというフィクションの上に成り立っている行事だし。
神も霊魂も存在が証明できないからといって、盆と正月止めるか?俺は止めない。
立憲君主制というフィクションは、世の中をまとめるタテマエとしては悪くない。
人間一人一人に人権があり平等である、なんていうのもフィクションだが、悪平等が幅を利かせている日本では、これはやめてもいい。
もっこすは黙ってろ。

254 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/25(水) 00:22:00 ID:spS8AfWb0
最後の一行は無駄ねw

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 07:22:13 ID:fJXW6wYr0
深みの次は慎みだね!w

256 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/25(水) 07:43:05 ID:spS8AfWb0
結論から言えば日本は実質共和制なの。
実質にあわせて憲法を変える?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 07:44:29 ID:ySGcKDEk0
>>252
元首が「選出される」のが共和制って覚え熔け。
地方自治とか関係ない。

258 :w」もっこす2.0 ◆KwQQLUeBQnhU :2009/11/25(水) 07:51:44 ID:spS8AfWb0
>>257
だから総理大臣が実質の元首だ。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 21:10:16 ID:CccwJ3RN0
>>258
お前、本当に頭が悪いな。
「元首が選出される政治体制」であることが「日本の総理大臣が国家元首である」
という説明には全くならないだろう。。
自分の書き込みと一連の流れを読み返してみろよ。
形式的ではあるが、天皇に「お前が総理だよ」って言わせる手続きがあるだろが。
お前の理屈だとドイツ連邦共和国のl国家元首は誰になるんだ?
議院内閣制と共和制は並立できるんだ、この高卒野郎。

> 252 2009/11/24(火) 23:01:57 ID:/l/qJAMO0
> w」もっこす2.0◆KwQQLUeBQnhU
>
> 政治学という学問がある。
> きちんとした定義もある。
> 社会的に日本の政治の仕組みは民主主義と住民自治が基本だね。
> これは共和制と名づけられています。
> 憲法でも主権は国民にあります。

どこで「政治学」を勉強してきたんだよ、ほら吹き野郎。
住民自治って何?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 21:32:38 ID:COq2f3Ma0
もっこすくんは、加齢でもう禁治・・

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 21:58:54 ID:fpg3+YgCO
>>252
>社会的に日本の政治の仕組みは民主主義と住民自治が基本だね。
>これは共和制と名づけられています。
民主主義と住民自治ってのは民主制か否かの問題であって、君主制か共和制かってのとは関係無い。

イギリスみたいな君主制で民主制の国もあれば、中国みたいな共和制で専制の国もある。

必ずしも共和制=民主制じゃないって事は、ロベスピエール・スターリン・毛沢東・
ヒトラー(帝国を名乗ってるが、実質は一代限りの共和制)ら共和制の独裁者の例を見ればわかる。


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 22:01:19 ID:fJXW6wYr0
慎みを身につけたらほんとに深くなれるかもw

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/27(金) 23:04:26 ID:0FmiSzlf0
>>253
 
 × 浅いやつは自分のこと浅いとは言わないが、深いやつは深いと言うこともある。

 ○ 浅いやつは自分のこと浅いとは言わないが、浅いやつは深いと言うこともある。

プププw

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/10(木) 07:18:04 ID:Ht0y9boh0
保守

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/14(月) 23:05:10 ID:ut6LWfVO0
もしホントに君主ならグダグダ屁理屈つけてないで
外国のエライ人の接待してろ。さぼるな。税金ドロボー。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 14:35:45 ID:/jY/cS28O
日本国は

立憲君主制社会主義国家

でいいんじゃね

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 14:43:53 ID:/jY/cS28O
たえがたきをたえ、しのびがたきをしのぶ

という陛下のお言葉で平和を選んだんですから

今の平和な日本国で生きている我々は
明文で規定せずとも陛下の臣民です
だから>>1さんも平和に暮らせてるのです

二千余年そうして来たんですから
前の戦役で日本が何か変わった訳ではないです



268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 14:52:13 ID:/jY/cS28O
それに日本の君主というのは命令するものでは
なかったりもするんですよ

臣民の間の「空気」を読んだうえで
君主としてふさわしいお言葉を下賜するのです
そしてふさわしい御振舞いをなさるのです

それも「和」というものなんですよ



269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 14:56:33 ID:/jY/cS28O
ですから臣民である私共も時節がら
あえと「象徴」という表現をとらせて頂いて
いるわけですし
「臣民」である事も隠しております

国家も>>1のような者を咎める事もありません

たえがたきをたえ、しのびがたきをしのぶ

とはそういう事です

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 21:46:58 ID:LoK9LZsj0
最近の精神病院はネットができるのか。ふーん。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 22:21:52 ID:T7ZF/Ife0
age

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 07:27:26 ID:ZwKSlylK0
世襲王朝もどきのような一家や制度があるからといって、それを君主とは。
どんだけ頭不自由なの。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/30(火) 21:59:20 ID:iW8XMhAu0
よしりんの最新作のマンガみた?


274 ::2010/03/30(火) 23:20:42 ID:jSRUeF5z0

223 :民主主義を支える君主制:2010/03/25(木) 01:03:14 ID:COk4ktPx

【高森アイズ】民主主義を支える君主制[桜H22/3/24]
http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/1/1nTQKzFfbYY

一部の論者は「民主主義」と「君主制」を対立概念で捉え、果ては皇室の廃絶を企む輩がいるが、
実際は成熟した国家においては「民主主義」と「君主制」は安定した理想的な組み合わせである。

世界各国の君主国の実例を挙げながら、その誤解を解いていきたいと思います。


※これまで、学校教育その他において、
 ・民主主義と君主制は、果たして両立できるのか?
 ・日本の皇室と民主主義は、調和できるのか?
 こういった問題設定をする議論がしばしばあったが、大変な誤解であります!


・民主主義が現実に機能するには、それを支える社会的基盤が欠かせない。
・民主主義の看板だけでは、ダメ。
・具体的には、朝鮮民主主義人民共和国の実例が、そのことをよく示している。

・憲法の条文で謳っているだけでも、ダメ。
・例えば、旧ソ連。
・「ソ連邦における全権力は、人民に属する」(2条1項)。
・「ソビエト国家の組織と活動は、基礎から最上級に至るすべての国家権力機関を選挙によって組織すること、これらは人民に報告の義務を負う」(3条)。

・あるいは、中華人民共和国。
・「すべての権力は、人民に属する」(2条)。
・「全国人民代表大会と地方各級人民代表大会は、すべて民主的選挙によってこれを成し、人民に対して責任を負い、その監督を受ける」(3条)。

・これらの国の現実はどうか。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/30(火) 23:21:26 ID:jSRUeF5z0

・民主主義が実際に機能するには、国民全体のゆるやかな統合が前提となっていなければならない。
・そうでなければ、一度権力の座についた政治勢力は、国内の分裂を克服し、自らの権力を万全なものとすべく、専制的な強権支配に乗り出すことを避けられない。

・現代の世界で、「体制自由度」の国際評価がAランク・平均寿命60歳以上・一人当たりのGDPが1万ドル以上の国々の多くは、君主国。
・日本、ルクセンブルク、デンマーク、ベルギー、スウェーデン、ノルウェー、オランダ、スペイン、イギリス、英連邦加盟国のカナダ、オーストラリア、バハマなど。




276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/30(火) 23:22:34 ID:jSRUeF5z0

NHKの極左売国捏造路線何とかなりませんか?17
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1268230551/






277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/21(水) 22:11:57 ID:9vD/EQOS0
成熟した国家とやらに日本は含まれるのか?

マッカーサーの至言「日本人は12才くらい」はまさに言いえて妙。
天ヌーをありがたがる連中の精神構造はとても「成熟した国家」の国民とは言い難いな。

北とそっくりだ。

あと天ヌーは君主じゃないといい加減理解しろ。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/21(水) 22:13:59 ID:9vD/EQOS0



  北 と そ っ く り だ 。







279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/21(水) 22:33:23 ID:9vD/EQOS0
『エライお上に』頼ろうとする旧来の『愚民根性』がいまだに抜けきれていないんだな。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/02(日) 13:29:35 ID:ATd82pMi0
>>277
マッカーサー自体が他国の事をどうこう言う程成熟してないだろ。
成熟してる奴なら「〜国は12才くらい」なんて事内心で思ってても言わんがな。

281 :もっこす:2010/05/13(木) 23:48:04 ID:4id58H7E0
>>280
自覚した集団が現れたんだ。
成熟したんじゃない?
そうでなければ政権交代は起こらなかった。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 10:53:19 ID:g2ONM/zb0
左翼
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7360017

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 01:33:54 ID:1bT/gusI0
日本の臣民て?国家公務員じゃねの?

平安時代=主の権力、平家
鎌倉時代=主の権力、源氏、北条
室町時代=主の権力、足利
安土、桃山=豊臣
江戸時代=徳川
明治=薩摩、長州、いちおう天皇=絶対君主制
大正、昭和初期=天皇
昭和=一応国民、???制
平安〜江戸まで何の制度と答えれば良いのだ?
一応幕府の開く許可は天皇にあったのだから、
今も内閣の開く許可は天皇にあるのだから

284 :名無しさん@お腹いっぱい:2010/05/18(火) 03:54:16 ID:ln8Fsezp0
ちょっと、物凄く本質的な疑問なんだけどね。
今の法務大臣閣下って本当に人権派なの?

法務省の出先機関って派遣企業(請負企業)に仕事を丸投げするのが
大好きだし(丸投げしますって胸を張って自慢してるよね)

派遣企業(請負企業)って言えば、社会的に〜〜〜何だよなあ〜〜〜(以下発言自粛)
法務大臣閣下って本当に人権派なのか否か物凄く疑問を感じるんだけどね。
本当の事はどうなんだろうね?

79 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)