2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

在日は憲法上の日本国民なのだが###38

1 :◆f.X.BeEk2g :2010/04/27(火) 08:55:34 ID:tZGKwYi4
このこと(スレタイ)によって、

1、講和条約時の法務省通達による国籍剥奪は不当(それを容認する裁判はもしそれがあるなら不当)
2、在日参政権は認めるべき。
3、年金加入権等の否定は間違いである。

これら、ウヨがどうしても容認しないことが、当然のこととして導かれる。
在日が憲法上の国民であることの論証は>>2

前スレ
在日は憲法上の日本国民なのだが###37
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1266589388/l50

371 :竹島は日本固有の領土:2010/07/21(水) 09:10:49 ID:JCz5LXe5
 そういうキムこそ、「主権」って辞書でひいてみろよ。「奪うことの出来ない権利」って書いてあるからwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

8月革命説wwwwwwwwwwバロスwwww

372 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 09:26:44 ID:8OxNunmy
>>367

> だからさー、三段論法の「論法」の部分のどこに、「例外禁止」なんてあるよ?

例外があったら>>2の論証2って奴はこうなるんだぜ?w

 論証2:・在日は日本国の被治者である。
      ・前提2より、被治者は主権者である。
       ただし、例外が無いとは言っていないので
       被治者だからといって主権者であるとは言い切れない。
      ∴在日は『例外がなければ』主権者である(三段論法として自明)が
      例外が無いとは言っていないので、結局在日が主権者であるとは言い切れない。
      なぜなら在日が例外に当てはまる可能性を否定できないから。

駄目ジャンw

373 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 09:28:00 ID:U1QIMgoP
なんか顔を真っ赤にして書き込んだみたいだけど、悪口雑言の末>>21としているだけで何も具体的はこと書いてないじゃん。
主権が「国民」のものだと奪えなくて、「君主」のものだと奪える?バカな理屈を勝手にでっちあげるなよ。
で、朝鮮人が日本国の主権者になった、もしくはなっていたという証拠は?
朝鮮人が現憲法制定以前に日本国民と見做されなくなった事実は無視かい?


374 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 09:31:31 ID:8OxNunmy
>>368

お前、何にも分かってないのなw
それは憲法に定める手続きの範囲では奪えない、とか、憲法のもとで成立する三権には奪えないって意味なんだわw
別の主権者が現れて実効的な支配を成立させ、諸外国がそれを認証すれば成立w

> そもそも、自由に剥奪できたら15条自体が意味をなさないだろが。

なんて、まさに、日本国憲法の有効な範囲において、ってことだろw
八月革命説こそが剥奪可能な事とその方法の一例を端的に示してるだろうがw

375 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 09:35:14 ID:8OxNunmy
>>369

なんだ、図星な事言われて困ったんだなw

憲法改正限界説によると、大日本帝国憲法の天皇主権の変更は不可能(同様に日本国憲法の国民主権の変更も不可)。
だから、ポツダム宣言受諾によって国際法上課せられた国民主権化の義務を以て憲法によらない主権の移動が起きたとするのが
八月革命説の本質だもんなw

知らずに八月革命説なんて持ち出すから恥ずかしい思いするんだよw
これからは気をつけろよw

376 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 09:46:39 ID:8OxNunmy
>>369

> 間違って天皇が有していたと称し、不当に実行力を行使していた「偽権利」を
> 正しくも固有の権利保持者であった国民にあると認めさせたという運動、それを革命と呼ぶ。

ポツダム宣言受諾までは名実ともに天皇主権の国家だったジャンw
だいたい、国民が固有の権利保持者だとか、天皇主権が「偽」だとかってのは、誰がどこで決めてるんだ?w
それって、主権者たる国民がそう憲法に書いてる事、また、国民主権の国である日本を他の主権国家が承認しているだけだろ?w
別に新しく「征夷大将軍」が現れて、そいつが日本を統治する事になった場合、他国がそれを承認すれば何の問題も無いぜ?
で、新しい「征夷大将軍」が

 間違って国民が有していたと称し、不当に実行力を行使していた「偽権利」を
 正しくも固有の権利保持者であった征夷大将軍にあると認めさせたという運動、それを革命と呼ぶ。

って言ったら、国民固有の権利は偽権利って事になっちゃうジャンw
単にお前が自分の思想をごり押しして「偽」だの何だのと言ってるだけだよなw

国民自身が主権を保持し日本を実効支配している事実と、それを他の主権国家が承認している事。
国民はその事実をもとに自らの権利を保障するための憲法を作り、その憲法に基づいた国や政府他に統治の実務を行わせてるわけだ。

これが国民主権の権威であり正当性の根源。どっかの誰かの思想を実現するために日本国民がいるんじゃないのw

377 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 10:13:08 ID:xdWgNj+E
まあ1は基本的にテンプレに書いてあるで流そうとして、
テンプレの不備を突かれると罵詈雑言と>>21
それの繰り返しだけだからな
それで相手が呆れるまで流そうとするw
その結果出来たのは>>1の無能さを示しただけだったというw

378 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 12:47:47 ID:9ui9Pspk
>>377
いや、なかなか有能な電波でしょ。
無益なだけで。

379 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 07:01:56 ID:SvOCddkl
>>369
>>あのさー、「国民に固有」なんだぜ。

あのさー、その「国民」に在日が該当するか否かが論点

380 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 07:14:11 ID:SvOCddkl
>>369
>>あのさー、「国民に固有」なんだぜ。

あのさー、その「国民」に在日が該当するか否かが論点なんだろ。
だったら>>14は「単なる結論の先取り」。
お前のルールだと結論の先取りは論として無効?無意味?どっちでも構わんが認められないんだよな。
ところで、日本国憲法制定前に「外国人」と見做されてる朝鮮人を「日本国民」とする法的理由はなんだ?
あらかじめ断っておくが「外国人登録令」は「登録法」に切替わるまで有効だったからな。
日本国憲法制定と同時に旧憲法下の各法は無効になったなんて寝言は通じないからな。


381 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 07:33:34 ID:8W2kRAxy
日本国憲法制定と同時に旧憲法下の各法令が継続された事例は少なくないけど、
例えば尊属殺法定刑が違憲であると裁判で判断されたのは1973年の最高裁判例。
日本の法運用は付随的違憲審査制を採っているから、違憲請求の訴訟がなければ
継続された法令が今の憲法に照らして違憲かどうかは分からないよ。現行憲法施行と
併せて主要な法令は改正されたけど、上に挙げた尊属殺法定刑の様に違憲性があっても
そのまま放置され続けた法令も少なくないから。


382 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 09:25:04 ID:SvOCddkl
>>381
放置=無効じゃないから、いいんじゃない?


383 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 10:14:29 ID:CiDQMcSm
>放置=無効じゃないから、いいんじゃない?
意味が分からないな。放置され続けたと言うことは、訴訟が起きるまでその法令は
違憲であるにもかかわらず有効性を持って運用され続けるということなんだけど。
例示した尊属殺法定刑なんてその良い見本でしょう。現実に検察はその法令を元に
立件したわけだから。


384 :◆f.X.BeEk2g :2010/07/23(金) 11:14:26 ID:Pzv/UxM2
>>372
>> だからさー、三段論法の「論法」の部分のどこに、「例外禁止」なんてあるよ?
>例外があったら>>2の論証2って奴はこうなるんだぜ?w
>       ∴在日は『例外がなければ』主権者である(三段論法として自明)が
>      例外が無いとは言っていないので、結局在日が主権者であるとは言い切れない。
>      なぜなら在日が例外に当てはまる可能性を否定できないから。
>駄目ジャンw

さすがバカ。読解力も知力もなさ過ぎw
あのさー、原則論ってのは普通にそうだろ?

・戦前から日本に住んでいる日本国籍(として扱われていた)者は原則的に主権者である。
 つまり、個々人については、例外的理由がなければ主権者ということであり
 (それが「原則」という日本語の意味である)、別の表現で言えば、
 個々人については、例外の可能性が否定できないので、確定的に言い切れない。
 つか、個別事象については確定的なことが言えないのが原則論だがw
 「自動車通学は原則的に禁止です」
 ↑例外的な理由があるかもしれない個別事象にまで
 「禁止で確定!」「禁止と言い切れる!」 になるか?
 バッカじゃねーのww

↑これなんか普通の日本国籍の者に言えるわけだが、
バカでさえ、例外があると認めるんだろ?在日とかw
で、バカは例外があるから、この原則論は間違いだってか?
例外を容認してる文章なのに、例外があるから間違いだってバカすぎw

385 :◆f.X.BeEk2g :2010/07/23(金) 11:14:47 ID:Pzv/UxM2
で、これだけでもバカ丸出しなんだが、それで、これのどこが「三段論法として間違い」なんだよ?
3つの各命題の意味でも表現でもいいが、「絶対」にしようが「原則」にしようが、
それらの3文で統一されている(整合性がある)のなら、間違いにならないじゃん。
結論部分(3番目の命題)と“(既出の2文以外の)外部の命題”で不整合が生じる可能性があるだけで、
これら3文だけで間違いになるわけない。で、本論の運用にしても、例えば朝鮮総連の幹部とかは、
外交官に等しいので(在日米軍や普通の外交官と同様に被治者ではない)、例外としてもかまわないと言ってる。
要は、原則的に認められるか。普通の在日が認められるかが問題なのであって、
別に例外なく認められる論である必要はない。原則論で十分なわけ。
しかも、このバカ、「どこに例外禁止なんてある?」と言われて、
「例外禁止じゃないから間違いだ!」と言い張ってるだけ。
原則論のどこがどう不当なのかさえ言ってない。
まあ、上のように、それ以前に「三段論法として間違いだ!」なんて当初の言いがかり↓

>おいおい、そもそも三段論法になってないって指摘は無視ですか?w >>326

が、ぜんぜん擁護されてない。
もうカスとしか言いようがないねw
誤魔化しやスリカエもできずにバカ晒しw
さすが放置君。今回も数行で>>21。ID:8OxNunmy

386 :◆f.X.BeEk2g :2010/07/23(金) 11:15:08 ID:Pzv/UxM2
>>373
>主権が「国民」のものだと奪えなくて、「君主」のものだと奪える?バカな理屈を勝手にでっちあげるなよ。

↑バカ丸出しなレス。「バカな理屈」だと言い張るだけで、根拠も論証もない。
例えばさー、対馬でも竹島でも、韓国が勝手に占領して自国領だと言い張ってたとしよう。
日本は同然「そこは日本固有の領土だ」と言って奪い返すよな。
で、その主張を裏付ける条約でもあれば「奪う」といった過激な行為にはならないわけだが、
明治以前の領土紛争など「奪い合い」ばっか。
で、外見的に「奪い合い」や「奪い返した」になったとして、
当事者の「もともと我が国固有の領土だった」という主張が無効になるか?
別に、「昔から実行支配してる(占領もされてない)」なんて非事実を主張してるわけじゃないんだぜ。
だが、当事者の中では「もともと我が国固有の領土だった」という主張があるからこそ、
その「奪い返す」という行為は正当性を持つ。要するに、「もともと我が国固有の領土だったか?」という
命題の有無で、奪い返すことのできるものとそうでないものがあるわけ。
つーか、こんなのちょー簡単なことじゃん。
憲法や命題に即して、主権(実効性)が正当でない者に保持されてるなら奪えるし、
正当な者なら奪えない。で、不当に主権を行使していたという非難とともに、
「主権が認めらず、その行使が抑圧されていたが、本来的には有していた(固有のものであった)」
という主張も普通にあり。奴隷制度とか、基本的人権とかな。
何でバカはこんな簡単なことも分からず、根拠も論証もなく「バカな理屈だ」と決め付けられるんだ?
まあ、バカはそういうもんだがなw

>で、朝鮮人が日本国の主権者になった、もしくはなっていたという証拠は?

大笑い。バカに言っても意味ないだろうけど、それって本論のことじゃねーの?
それとも本論とは別に誰かが主権者だと言ってる話か?
本論なら、根拠(証拠)は本論(>>2)を読めだし、別な話なら知らんよな。
何なんだか、この頓珍漢は。バカだから、本論が主権について論じてるということさせ分からなかったのか?w

387 :◆f.X.BeEk2g :2010/07/23(金) 11:15:28 ID:Pzv/UxM2
>>380
>>あのさー、「国民に固有」なんだぜ。
>あのさー、その「国民」に在日が該当するか否かが論点なんだろ。

何だこのバカ。そんなもん、スレタイ見れば自明じゃん。
つか、それを言ってるのはオレ。
相手の発言繰り返して反論のつもりになれるってどんだけバカ?

>だったら>>14は「単なる結論の先取り」。
>お前のルールだと結論の先取りは論として無効?無意味?どっちでも構わんが認められないんだよな。

アホか。根拠もなくいきなり「結論先取りだ!」と決め付けて何を言ってやがるw

>ところで、日本国憲法制定前に「外国人」と見做されてる朝鮮人を「日本国民」とする法的理由はなんだ?

ところでじゃねーよ。
在日がコクミンかどうかが論点だと認識したなら、それを論じた本論を読め。

>あらかじめ断っておくが「外国人登録令」は「登録法」に切替わるまで有効だったからな。

だから、>>20>>23
オレはそんなもん根拠にしてないの。それなしでスレタイの結論を導いているの。
だから、それが何だろうと一義的に何の関係もないわけ。
で、>>20にあるように、その可能性は低いだろうが、万が一、本“憲法論”と矛盾するなら、
そのアホ解釈か法令が違憲無効になるだろうけど、その判断で「本憲法論」が否定されるわけがない。
つか、それで反論にしたいなら、テメー(反論する立場)がやれっての。ホント馬鹿。

388 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 11:38:34 ID:ygSk34Gy
      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    頑張って長文書いたけど自分でも意味分かんないお
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   どうせ昼過ぎには全部論破されてしまうんだお
  |     (__人__)    |  そしてまた来週も同じことを繰り返すんだお
  \     ` ⌒´     /   みんなにこんなに愛されてウリは幸せものだお

389 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 12:59:09 ID:SvOCddkl
>>387
そっかー、「結論の先取り」の意味も理解せずに使ってたのか。
やはり、「馬鹿は最強」だな。


日本国憲法が制定される前に外国人と見做された朝鮮人は、日本国憲法に定める「主権者たる国民」には該当しない。
厳然たる事実じゃん。
お前みたいに願望でモノは言わんよ。


390 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 13:57:06 ID:SvOCddkl
>>383
言葉足りんかったか?

放置されているものが違憲とは限らないでしょ?
違憲の判断が下されなければ「合憲」扱いでしょ?
放置されてても、無効じゃないし違憲とは限らない。
外国人登録令に関しては違憲との判断は下されてないよね。
(もっとも>>1は勝手に違憲と”決めつけ”てるけど、バカだから自分のルールも守れないんだね)

391 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 13:57:17 ID:QynWQHkT
>>387
俺様憲法には権原なんてないから無効ですってかw
裁判でそんなこと争ったら負けるだけだろw
学説としても穴だらけw
自分に都合の悪いことを理由もなく排除したものは学説すらでないよw

392 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 14:04:28 ID:SvOCddkl
>>387
>>在日がコクミンかどうかが論点だと認識した

からさ、在日は日本国憲法制定以前に国民扱いされてない、よってに日本国憲法の定める「主権者たる国民」ではないと言ってる。
ちゃんと論点と事実に沿ってるじゃん。
誰かみたいに主観は入れてないよ。

393 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 16:08:54 ID:EK9QAGmz
>> 384

いきなり、

> ・戦前から日本に住んでいる日本国籍(として扱われていた)者は原則的に主権者である。

とか言ってるけど、なんでそんな事が言える訳?それこそ勝手に決めつけてるだけだねw
なんでそういえるのか、>>1の脳内以外に根拠があるの?ないジャンw

俺たちは内地人とて日本国の主権者たる存在であったかどうかについては
あくまで平和条約で確定しているという立場なんだけど?

もちろんポツダム宣言やカイロ宣言の内容からいって、領土拡張が始まる前の内地人だけの日本国として
再出発するであろう事は既定路線だったし、実際そういう準備が進んだ訳だけどね。
それはあくまでGHQの政策として遂行されたに過ぎないわなw

394 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 16:14:16 ID:EK9QAGmz
>>385

> 3つの各命題の意味でも表現でもいいが、「絶対」にしようが「原則」にしようが、
> それらの3文で統一されている(整合性がある)のなら、間違いにならないじゃん。

まあ、黙って

http://ja.wikipedia.org/wiki/三段論法

位読めよw

 ・「大前提」「小前提」および「結論」の三つの命題から成る推論規則
 ・恒真な結論が得られるとき二つの前提はともに真でなければならない。
  (真でない前提からは、しばしばパラドックスが導かれる。)

ってことが書いてありますがなw

で、「小前提」で例外(真ではない場合)を認めちゃう>>1の“三段論法”は、そもそも三段論法たる要件を満たしてないのw

395 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 16:21:00 ID:EK9QAGmz
>>394

言うまでもない事だけど、>>394で挙げてある

> (真でない前提からは、しばしばパラドックスが導かれる。)

こそが、>>2の“三段論法”なんだよなw


結論の「在日は国民である」というのが、典型的なパラドックスに陥った例なわけねw

本人が厳密に成立しないこと(原則であり例外はつきもの)を宣言しちゃっている以上、
「被治者であっても治者ではない」(偽の場合)を包含してるからねえw

「被治者は主権者である」を厳密に真である前提に変えるしか方法がないんだけど、そんなもの存在しないんだろ?w
じゃあ三段論法を構成できていない、ってことになって却下されちゃうとw

396 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 17:25:01 ID:EK9QAGmz
>>394の続き

ということで、三段論法の論理構成から言えば、>>2で主張してる

>  論証2:・在日は日本国の被治者である。
>      ・前提2より、被治者は主権者である。
>      ∴在日は主権者である(三段論法として自明)

は、「被治者は主権者である」が完全に真であるとは言えない(原則で例外が成り立ち得る)から

 論証2:・在日は日本国の被治者である。
     ・前提2は原則論で例外もあるので、被治者は主権者であるとは限らない(←この前提は真だろ?w)
     ∴在日は主権者であるとは限らない(三段論法として自明)

だなw

次からテンプレ修正しとけよ、>>1w

397 :日出づる処の名無し:2010/07/24(土) 00:42:56 ID:h8zivY3d
>>384

>>戦前から日本に住んでいる日本国籍(として扱われていた)者は原則的に主権者である。


この()がクセ者だね。
日本国籍として扱われていた者って要は朝鮮籍・台湾籍の者で、外国人登録令で外国人と見做された者じゃん。
原則も何も日本国が「国民主権」になる前に外国人扱いじゃん。
朝鮮籍・台湾籍の者が日本国の主権者な訳ないじゃん、だって外国人と見做されて、今では立派な外国人なんだからさ。
憲法上の国民とは日本国籍保持者だって判ってんだろ?んでもって朝鮮人は日本国籍保持者ではないし、保持者でもなかった。
だからわざわざ( )を使って、さも日本国籍保持者と同じみたいな印象付けしたんだよね。

やっぱさ、嘘はいけないよ嘘は。

398 :日出づる処の名無し:2010/07/24(土) 06:28:08 ID:jutbg1j3
川崎市外国人高齢者福祉手当
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11480348

399 :竹島は日本固有の領土:2010/07/24(土) 15:40:30 ID:ed/W0/vu
>>397
 また、憲法前文にある「日本国民による厳粛なる信託が与えられた」とされる、
第22回総選挙から「国家治安維持の障害物」として、明示的に排除されてるんだ
よな>半豚足


 それまで参政権が認められてなかった日本人女性に参政権が与えられ、戦前には被選挙権があり半豚足の衆院議員も居たのに排除されてるんだよねwwwwww

400 :日出づる処の名無し:2010/07/25(日) 00:32:21 ID:4gpNm4Iw
>>394->>396
最近思うのだがね、「治者にならない被治者」って、そんなに「例外的」なものかなと。
いや、昨今交通機関の発展と国際交流の活発なること甚だしく、それぞれの国における「治者にならない被治者」の存在は非常に多い。
最早「被治者」は治者になれる者となれない者とに分けても差し支えることもないのでは?
「治者になれない被治者」をごく少数の「例外」とするのは時代に合わないのではないか?

ま、>>1には都合が悪そうだから、キャンキャン喚くだろうね。
自分に都合の悪いことは全て間違いで、発言者はみなバカ呼ばわりしかできないからね。
かわいそうな奴だね。
きっと現実じゃ友達もいない淋しい奴なんだろうな

401 :日出づる処の名無し:2010/07/25(日) 00:33:45 ID:oZxOqBOa
日本国民だったと言うよりも帝国臣民、
なんだったら帝国市民と言ってもいいけど、
ただ、それだけのことでしょう。

帝国は解散したってことで。

402 :日出づる処の名無し:2010/07/25(日) 00:38:31 ID:oZxOqBOa
今から同じことをやろうとするなら、
やっぱEU的な感じになるんだろうけど、

アメリカやEUの中央政府と言うものに対して、
構成州や構成国の考え方はよく分らないけれど、
国連よりは親しく感じてるんじゃないかな、やっぱり。

403 :日出づる処の名無し:2010/07/26(月) 13:16:42 ID:OCPOkGZL
>>400

「治者にならない被治者」なんてのは極一般的な概念。
現代の国際交流の活発化は、帰属と居住地が一致しない事を当然の前提としているわけだし。
いずれ帰る意思があるかどうかを確認して国籍云々、というのは、それこそ>>1が否定してる踏み絵だしw
在日も永住許可を与えられているだけで、永住権を持っている訳じゃないから。

国際交流がなくても、厳密に考えれば間接民主主義自体がそういう制度だからね。
だいたい日本は治者たる国民が総理大臣を直接定める事も罷免することも出来ない。
いくら国民の支持率が下がっても総理大臣の職務自体には何ら影響が出ない。
国民の代表に実質的な治者としての権限を信託してしまっていて、その国会議員のリコールすら出来ない。

現行制度では国政選挙でしか主権者としての意思を示すことができず、国政選挙が行われない限りは
「治者にならない被治者」状態なんだよな、日本国民は。

こんな感じで「治者にならない被治者」なんてのはいくらでも存在する。

404 :日出づる処の名無し:2010/07/26(月) 18:25:57 ID:OCPOkGZL
>>397

そもそも>>1は、朝鮮人が日本人だったという法律上の根拠すら示せない。
法律も命令もなく日本人扱いなんていう、法的根拠のない不正な扱いは是正されなくちゃならんってことになるから
>>1としてはどうしても避けて通るしかないんだよな、この指摘はw

ということで、>>1、早いとこ朝鮮人が日本人と言える法的根拠を示してくれよw
日本が根拠もなく朝鮮人を日本人扱いしてたのなら、日本人扱い自体が間違いだってことだからなw

405 :日出づる処の名無し:2010/07/26(月) 18:31:54 ID:OCPOkGZL
>>399

そうそう。そもそも、>>1自身が持ち出してきた「八月革命説」に従えば、

  大日本帝国という内地、台湾、朝鮮からなる国で革命が起き
  新たに内地に内地民だけの日本国という国が樹立された
  朝鮮、台湾でも大日本帝国の現地統治機関が倒され、
  各地で新政権が樹立された(これも革命みたいなもんだなw)

だけなんで、内地民じゃないものが革命後の新しい国の国民である理由自体が存在しないw

406 :日出づる処の名無し:2010/07/27(火) 06:48:29 ID:h9Ht+8KT
NHK見ただろ。

GHQの憲法草案を書き換えさせたのは事実らしいな。



407 :竹島は日本固有の領土:2010/07/27(火) 08:25:35 ID:3JlxNHdG
>>405
 まぁ、戦争に負けてカイロ宣言を継承したポツダム宣言を受託して、無条件降伏
したんだから、勝者のGHQにカイロ宣言に従って帝国の分割とかやられるのは仕
方無いっすよね。8月革命説の帝国分割がカイロ宣言と同じなのは、半島の劣等種
族どもは偶然だと思ってるのかなwwww


>>406
 ん?新憲法がマッカーサー草案通りじゃないのも、日本側の憲法草案がGHQ様
からリテイクくらったのも、よく知られた話じゃないの?
 どっちが先だったかは忘れたけど。

408 :日出づる処の名無し:2010/07/27(火) 10:55:28 ID:3zAU6SQC
>>406

> GHQの憲法草案を書き換えさせた

真っ当な主権国家なら、そもそもよそから草案なんて押し付けられたりしない。
ありがたくもGHQの草案に日本の意向を反映した変更を加える事を認めて頂いただけ。

っていうか、最初はほとんど旧帝国憲法のままの憲法案を提示して蹴られ、
そのあとGHQの提案を受け入れた現行憲法草案を提示してGHQの支持を取り付けてる訳だし。
盗人にも三分の理的な事を言ってもしょうがないと思います。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/松本試案

409 :日出づる処の名無し:2010/07/27(火) 21:31:56 ID:OwsTFB1d
>>1見てると、ついこのコピペを思い出してしまうから困る

---

メロンパンは実在する
メロンパンにメロンは使われていない
メロンは実在する

ウグイスパンは実在する
ウグイスパンに鶯は使われていない
鶯は実在する

以上の事実をふまえれば、カッパ巻きが存在し
それにカッパが使われていない事からカッパは存在することは明らか

410 :◆f.X.BeEk2g :2010/07/28(水) 00:06:36 ID:R1b2oyKL
>>389
>そっかー、「結論の先取り」の意味も理解せずに使ってたのか。
>やはり、「馬鹿は最強」だな。
>日本国憲法が制定される前に外国人と見做された朝鮮人は、日本国憲法に定める「主権者たる国民」には該当しない。
>厳然たる事実じゃん。
>お前みたいに願望でモノは言わんよ。

↑根拠不明の妄想バカ。
あのさー、ここで参考資料として引用してる文は>>20
そこでは、
「1947年5月2日の外国人登録令(昭和22年勅令第207号)では、
旧植民地出身者を、外国人ではない(日本国籍を有している)ものの、
外国人登録令上の外国人とみなす1と規定し、ーーー略ーーーー
そして、1952年4月19日には(民事甲438号法務省民事局長通達)がだされ、
ーーー略ーーーー 名実ともの外国人となったのである」
となっている。
本スレの仮想論敵の認識でさえ、国籍的に外国人ではなかったわけだが、
別に、こんなもんは争点じゃねーぜ。
バカ(おまえ)は勝手に争点にだと思い込み、根拠もなく「国民じゃない!」と決め付けてるわけだが
(上記引用文、外国人だと看做された根拠なし)。
これだけでもアホアホなんだが、これは争点でさえないの。
本論は、どの認識(在日は憲法上国民かどうか)が正しいのかであって、
まさに憲法自身が明言してるのならともかく、仮想論敵や批判対象にもなってる法令の「言い分」が
根拠もなく正しくなるわけねーじゃん。

A「現在、日本政府は外国人と認識してるようだが、本当に在日は憲法上の外国人(非国民)なのか?」
B「日本国憲法が制定される前に外国人と見做されてたから、外国人だ」←誰にだよバカw

発言自体がバカ丸出しなうえ、争点も取り違えてるバカw
とりあえず>>21ね。ID:SvOCddkl

411 :◆f.X.BeEk2g :2010/07/28(水) 00:06:57 ID:R1b2oyKL
>>393
>> ・戦前から日本に住んでいる日本国籍(として扱われていた)者は原則的に主権者である。
>とか言ってるけど、なんでそんな事が言える訳?それこそ勝手に決めつけてるだけだねw

バカ。これは、バカが作った例文を、もっと普通の例に置き換えただけ。
その目的は、三段論法の妥当性なんだから、ここの例文の真偽は「とりあえず関係ない」。

・Aさんは父親である。
・父親は男である。
∴Aさんは男である。

↑これは三段論法として正しいか?
そもそも、前提が真かなんて言ってたら、論理学で0点なわけだが、
第一前提「Aさんは父親である」が間違いだとして、
それは当然、結論の偽を導くわけだが、それは前提認識が間違いだったわけで、
「三段論法」が間違いなわけじゃないだろが。
三段論法ってのは論理形式のことであって、数学の足し算とか引き算とかと同じ。
だから、「A君は50円持っていたが、30円のお菓子を買った。所持金は?」において、
「A君は実は40円しかもってなかった」なんてことになっても、「引き算が間違ってる!」にはならんだろ?
バカは、上で、三段論法の論述に対して、「論法が間違ってる!」と言い張ってるんだから、前提の真偽は関係ないの。
上の話で「引き算によると20円になる」と言った時に、「引き算(という論法)が間違ってる!」と言うようなもの。
つか、普通には前提の真偽こそが問題にされるわけだが、バカは「間違いだ」と言い張るだけで
どこがどう間違えてるのかもっともらしい反論が言えないかったんだろ。
それで、偉そうに「論法が間違ってる」と言い出したから、>>384 になってるの。
始めから前提に不満があるなら、その前提だけに文句を言えばいいだけ。勝手にすり替えるなバカ。
つか、バカにしても何なんだろうなこれ。
こんなの「被治者であり、以前から国民と扱われ、特に非国民認定する理由がない者(要するに原則)、は主権者」
という話の微変形であり、>>2に書いてあるじゃん。もう、ずっと同じことの繰り返し。
いい加減にしろよ、バカ。>>21。ID:EK9QAGmz

412 :◆f.X.BeEk2g :2010/07/28(水) 00:07:17 ID:R1b2oyKL
>>397
>>戦前から日本に住んでいる日本国籍(として扱われていた)者は原則的に主権者である。
>この()がクセ者だね。
>日本国籍として扱われていた者って要は朝鮮籍・台湾籍の者で、外国人登録令で外国人と見做された者じゃん。
>原則も何も日本国が「国民主権」になる前に外国人扱いじゃん。

それ(朝鮮籍・台湾籍)は「戸籍(日本や中国などに独特の制度)」。
当時は朝鮮国や台湾国国なんて存在せず、国際的な認識では「日本国籍」。
何をあからさまな曲解してるんだ?
誰も、国籍剥奪の同時のことなど言ってないぜ。「戦前から」と言ってるの。
で、バカがバカなりに要点を理解してるようだが、その括弧内が重要なの。
本論は、民主主義理念を論拠にしており、政府による国籍認識(いわゆる国籍)を根拠にしてない。
それは本論が「国民か(憲法上国籍はどこであるべき?)」を論点にして、政府を仮想論敵として
その認識を批判するものだから。政府認識の正しさを前提にしてたら、普通に結論の先取りだろ?
「国籍は?」ということ一般が、これに引っ掛かるわけで、しかも、肝心なことに、
そのような認識自体は論証の不要だから、バカが勘違いしないように括弧を付けてわけ。
で、バカには理解できないかもしれんが、「政府認識」と「前提として正しい」には二通りあるわけ。

A:政府が国民として認識していた。その認識は正しい(ので、正しいとして前提する)。
B:政府が国民として認識していた。その認識は間違いかもしれんが、
 政府がそのように認識していたという事実は認められる。その事実認識は正しい(ので、正しいとして前提する)。

バカはこれらがまるで理解できず、勝手にトチ狂ってバカな言いがかりをつけるから気をつけな。
ちなみに言うと、本論の前提と関係するのは「被治者としていた」という事実認識に関わるB。
北海道戸籍の者でも、東京都に定住し、しかるべき届け出を提出(現住所の届け出)していれば
普通に東京都民となるように、内地在住の在日は普通に内地住民であり、内地の被治者である。

>>400>>403
何か知らんが遠回しにウダウダ言ってないで反論になってると思うなら、
ちゃんと反論になるような論述を書きな。ウヨ板に甘えるな。

413 :日出づる処の名無し:2010/07/28(水) 01:18:57 ID:KSWq8L2T
>>411

> そもそも、前提が真かなんて言ってたら、論理学で0点なわけだが、
> 第一前提「Aさんは父親である」が間違いだとして、
> それは当然、結論の偽を導くわけだが、それは前提認識が間違いだったわけで、
> 「三段論法」が間違いなわけじゃないだろが。

はいはい、三段論法が事実や成立が確認されている法則という大前提と小前提からおこなう「推論」だってのを
知らなかったんだねw

414 :日出づる処の名無し:2010/07/28(水) 01:30:07 ID:KSWq8L2T
>>412

> それ(朝鮮籍・台湾籍)は「戸籍(日本や中国などに独特の制度)」。
> 当時は朝鮮国や台湾国国なんて存在せず、国際的な認識では「日本国籍」。
> 何をあからさまな曲解してるんだ?

で、朝鮮籍の人間が日本人だったという法的根拠はどこにあるんだっての!
さっさと示してみろよw

国際的な認識ではっていうのなら、韓国併合により日本国籍を取得したとされる者とその子孫は
平和条約の発効で併合の効力が消失したのに伴い、日本国籍を取得した事実自体を今後何らかの根拠には出来ないことになったんだがw
例えば、併合で獲得した日本国籍を根拠に現行の日本国の国籍を主張する、とかねw

> 本論は、民主主義理念を論拠にしており、

民主主義的理念って何だ?w
政府とかそういうんじゃなくて、そもそも現行の日本国は大日本帝国の持っていた内地における統治権を継承してるに過ぎないんだがw
なんで朝鮮人の対人主権まで勝手に継承したことにされちゃうわけ?w

そもそも、朝鮮人が当時大日本帝国臣民として扱われていたからといって、
その法的根拠がどこにあるのか未だに言えないのはどうして?w

法的根拠も無いままに朝鮮人を帝国臣民扱いしていた、っていうなら、それこそ民主主義以前の不法行為ジャンw
不当な統治を受けていた朝鮮人は日本の対人主権から離脱させて不当な統治からの救済を図らないといけませんねえw

で、朝鮮人が戦前以来日本国籍だったとする法的根拠はどこにあるの?

> 政府による国籍認識(いわゆる国籍)を根拠にしてない。

んだよなw 戦前は天皇主権だから勘違いするなよ?w

415 :日出づる処の名無し:2010/07/28(水) 01:36:26 ID:4zB0cB42
幕府を継いだ新政府の主権概念って、
対外的な自立の意図が大きかったんと違うかな。

416 :日出づる処の名無し:2010/07/28(水) 01:59:49 ID:KSWq8L2T
>>410

> 「1947年5月2日の外国人登録令(昭和22年勅令第207号)では、
> 旧植民地出身者を、外国人ではない(日本国籍を有している)ものの、
> 外国人登録令上の外国人とみなす1と規定し、ーーー略ーーーー
> そして、1952年4月19日には(民事甲438号法務省民事局長通達)がだされ、
> ーーー略ーーーー 名実ともの外国人となったのである」

はいはい、お前、えらい勘違いしてるぜw

まず、>>1が朝鮮人の日本国籍を当然とする前に

・旧植民地出身者の国籍はどこで決まっていたのか?(内地法?植民地法?)
・無条件降伏後の日本の統治範囲は?

位は答えてくれないと話にならないねw 実態として日本国籍あつかいだ、と決めつけてるだけじゃ話にならないし。
国際的な認識を持ち出すなら、GHQの総司令官に最初に与えられた司令書の中に

 内地の朝鮮人は解放国民として扱う事。ただし、戦争責任に関しては日本人として扱う事

って規定されちゃってるのは無視しちゃいかんよなw >>1が過去に出したGHQの日本人扱いの話だって
なぜか「当分の間」等の言葉を見事に消し去って引用してたよなw

そうでもしないとごまかせないんだろ?w

417 :日出づる処の名無し:2010/07/28(水) 02:10:07 ID:4zB0cB42
元々は大日本帝国=日本国の感覚で、
自主独立の国であることを意図してたのが、

宗主国と植民地による経済圏の常識に引っ張られて、
拡張された帝国に向かったとかで、二つの帝国概念が、
混ざってんじゃないかな。

敗戦の結果として、拡張された大日本帝国は解体されたけど、
基本の大日本帝国=日本国に戻った、みたいな。

418 :日出づる処の名無し:2010/07/28(水) 02:38:35 ID:4zB0cB42
つか、半島や台湾、信託統治領に日本自体も含めて、

拡張された大日本帝国に属していた国々は、
拡張された帝国の解体に伴って、現在では、
それぞれの国に戻った、という解釈じゃだめかな。

419 :竹島は日本固有の領土:2010/07/28(水) 11:15:05 ID:38O/9G6X
>>418
 そういう判例出てたはず>もし併合が無かったらで判断。出した裁判長が、当時
法制局局長で憲法制定の日本側担当者w

420 :日出づる処の名無し:2010/07/28(水) 12:07:13 ID:zBgh7IIY
>>418

なんだけどね。帝国に編入されることになった根拠がすべて平和条約で否定されてしまった。
よって、編入自体が以降無かったことになってしまうと。
平和条約発効以前は編入が有効だったんで、過去の話をする限りでは大日本帝国だったと言って良いだけ。

っていうか、>>1は大日本帝国籍と日本国籍を意図的に混同させてるだけ。

大日本帝国籍とは

 1) 内地の国籍法に基づく帝国籍…先占による統治が国際的に承認されている事が根拠
 2) 朝鮮総督府令に基づく帝国籍…韓国併合条約とそれが国際的に承認されている事が根拠
 3) 台湾で施行されていた国籍法に基づく帝国籍…下関条約とそれが国際的に承認されている事が根拠

の三種類の総称でしかなかったのに、なぜか「帝国籍ならみんな一緒」と決めつけているのが>>1
散々朝鮮人が日本人といえる法的根拠を尋ねているのに答えられないのは、単に>>1が決めつけてるだけだからw
で、平和条約・日華条約によって

 a) 内地…先占による統治は引き続き国際的に承認することとなった
 b) 朝鮮…韓国併合条約は以降無効とされ、これに基づいて日本が出した命令も失効した
 c) 台湾…下関条約は以降無効とされ、これに基づいて日本が出した法令・命令も失効した

のだから、

 1)の内地人→a)により国籍法は存続していて、日本国籍を維持可能
 2)の朝鮮人→b)により「国際的にも日本国籍を認める命令の失効が確認」されたので国籍喪失
 3)の台湾人→c)により「国際的にも日本国籍を認める命令の失効が確認」されたので国籍喪失

ってことなんだよな。

377 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)